病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

発熱から病気の自己診断

⇒乳幼児の熱が出る主な病気

蚊の生息できる時季はデング熱に注意
デング熱ウイルスを持った蚊(やぶ蚊の一種であるネッタイシマカやヒトスジシマカ) に刺されても半数以上の方は発症しませんが、発症する場合は、蚊に刺されてから、 3〜7日後(長くて14日)に40度近い高熱が出ます。
高熱は、2〜7日続き、多くはこの期間に麻疹の様な発疹が出ますが、熱が下がり始めてから発疹が出る場合もあります。
発疹は体幹部(胴体)から手足へ広がり、顔面にまで広がる場合があります。
また、粘膜から僅かに出血することがあります。
背骨の痛み、関節・筋肉の痛み、頭痛・眼の奥の痛みがある場合があります。
殆どの患者は治癒しますが、重症化する場合があります。
重症化は高熱が下がってからで、胸腔などに水が溜まる・浮腫み(毛細血管から水分がにじみ出る)による血液量減少によるショック、 血液濃縮、消化器官からの大量出血で、最悪は死に至ります(デング出血熱)。
解熱鎮痛剤を使う場合は、副作用に出血しやすくなる・消化管出血・発疹があるもの(アスピリンなど)は使わないでください。

デング熱にはワクチンや特効薬は無いので、鎮痛・解熱剤の服用、 水分を補う輸液、出血が多いときは輸血などを行いながら治癒するのを待つ対症療法になります。

デング熱に罹っている時、罹っているおそれがあるときは、蚊に刺されないように注意します。 患者を吸血した蚊が近くの人を刺して感染させます。

デング熱はスズメバチに刺されたときと同じように、 2度目に感染したときが重症化しやすいので1度感染した人は注意してください。


スポンサーリンク


蚊が媒介する感染症には、マラリアがあります。
媒介する蚊はハマダラカで、ハマダラカの生息地は主な熱帯地域ですが、 日本など高緯度地域でも過去にはハマダラカによるマラリアが流行したことがあります。

症状は、1〜2週間の潜伏期間後に、40度近い高熱が48時間おきに出るもの(3日マラリア)、 78時間おきに出るもの(4日マラリア)、発熱に周期性がないもの(熱帯マラリア)とがあり、 3日マラリアと4日マラリアは適切な治療を施さないと慢性化します。
合併症は、マラリアの原虫が寄生した赤血球が脳血管を詰まらせることによる意識障害、 言語障害、昏睡などの脳障害で最悪は死に至ります。
その他、ヘモグロビン尿(赤血球が分解されて尿の色が赤茶になる)、 溶血性貧血、黄疸、脾臓肥大、低血糖症、肺水腫(肺に水が溜まって呼吸困難になる)などがあります。

発症した場合は治療が厄介な病気なので、感染地域(赤道近辺にある、東南アジア、南米、アフリカなど) に行く場合はワクチン接種が必要です。
感染地域で生まれ育った人は何度も罹患しているために発症しないことがあるので現地の人が発症しなくても油断できません。


野山・河川敷に出かけた後、5日〜14日後に39度以上の発熱、 全身に直径5mm弱の丘状の発疹が現れたときには、ツツガムシ病の疑いがあります。
発疹は5日ぐらいで消えます。
ツツガムシ病は、かつては風土病の一つでしたが、ほぼ全国で見られるようになりました。 また、アジア、東南アジアなどにも見られるので帰国後に発症することもあります。
病原体はリケッチア(ウイルスより大きく、細菌より小さい)のオリエンティア・ツツガムシで、 野鼠などに寄生するツツガムシ(ダニ)が媒介します。
多くの患者にダニの刺し口痕があります。
重症化することがあるので医療機関での受診が必要です。
ワクチンは無いので、草むらなどでの作業時は長袖長ズボンの着用などでツツガムシに刺されないようにすることが重要です。 最悪は死に至ります。

38度を超える発熱、喉や傷口の激しい痛みや腫れ、手足の腫れ、などが発症した場合は早急に医師の診察を受けてください。
劇症型溶血性レンサ球菌感染症だった場合には、数日以内に急激に悪化し、 多機能不全状態やショック状態に陥り、最悪死に至ることがあります。
この病気は、子供の咽頭炎や水疱性膿痂疹(とびひ)の原因菌であるA群溶連菌が傷口や粘膜から体内に入って起こります。
年間の発症人数は、100〜300ですが、致死率が1割ぐらいあるので注意が必要な病気です。
⇒溶連菌感染症(猩紅熱)


スポンサーリンク



高熱期間が比較的短い主な病気

風邪かインフルエンザ

急性扁桃炎の症状

  • 高熱、喉が痛い
  • 喉の奥を覗くと扁桃が赤く腫れ、白斑がある。或いは全体が白い膜で覆われている。
  • 食物を飲み込むと痛い

急性気管支炎の症状
  • 高熱、咳や痰が出る。
    痰は最初は無色または白色だが、酷くなると黄色や黄緑色の膿性になる。
  • 風邪やインフルエンザの後に起こることが多い

⇒急性気管支炎詳細
急性肺炎の症状
  • 風邪の症状
  • 高熱、胸が痛い、呼吸困難、倦怠感
  • 酷くなると唇が青くなる(チアノーゼ)

⇒肺炎詳細
虫垂炎の症状
  • 高熱、悪心、嘔吐
  • みぞおち付近が痛む→右下腹部の痛み(圧すとより痛む)や張り、発熱 →腹部全体が硬くなる

⇒虫垂炎の詳細
腹膜炎の症状
  • 激しい腹痛、腹部が板の様に硬くなる
  • しばしば吐き気や嘔吐、発熱を伴う
  • 皮膚が乾燥、眼球が陥没、唇が紫になる
  • 放置すると、腹痛は弱くなるが、危険な兆候なので要注意

⇒腹膜炎詳細
胆嚢炎の症状
  • 寒気と共に発熱
  • 上腹部に激しい痛みが続き、しばしば右背部や右肩に移る
  • 嘔吐、悪心、黄疸を伴うことがある

⇒胆嚢炎詳細
脳炎の症状
  • 高熱
  • 激しい頭痛、嘔吐、意識障害
  • ケイレン、麻痺、筋肉の硬直、感覚障害

髄膜炎の症状
  • 激しい頭痛、悪心、嘔吐
  • 強い寒気を伴って40度近い高熱が出る
    (結核菌による炎症では微熱か熱が出ない)

⇒髄膜炎の詳細
膀胱炎の症状
  • 高熱
  • 排尿時や排尿後に痛む
  • 残量感がある
  • 尿が濁る

⇒膀胱炎詳細
尿路感染症
  • 高熱、乳幼児では高熱で病気が発見されることがある

スポンサーリンク



高熱期間が長い主な病気
(熱が下がり再び上がるという繰り返しを含む)

臓器に病原菌が感染する病気が多く、また、重篤に陥る病気が多い

敗血症の症状
  • 高熱が続くが、1日内で1度以上の幅で上がり下がりを繰り返し、下がっても平熱にはならない
  • 免疫力が落ちると罹りやすい
    敗血症は、連鎖球菌、ブドウ球菌、大腸菌などの病原性菌が血液の中で増殖する


肝膿瘍(かんのうよう)の症状
  • 寒気・震えを伴って高熱が出る
  • 発汗
  • 右上腹部の腫れ、肝臓の腫れ、押すと痛む
    肝膿瘍は、病原菌によって肝臓が化膿する

急性腎盂腎炎の症状
  • 突然、高熱を出す(微熱のときがある)
  • わき腹や腰が痛む
  • 頻尿や排尿痛があり、尿が濁る
    急性腎盂腎炎は、病原菌が腎臓に入って起こる

⇒腎盂腎炎詳細
細菌性心内膜炎の症状
心臓の内側の膜で細菌性の病原菌が増殖する
  • 38度ぐらいの発熱,/li>
  • 突然の悪寒、発汗、頭痛
  • 関節痛、倦怠感
  • 貧血
  • 食欲不振
心臓の弁に感染すると、心不全の症状(動悸、息切れ、不整脈、浮腫み、脾臓の腫れなど)が起きる

⇒心内膜炎についての早分かり
悪性腫瘍
  • 高熱が続くが、1日内で1度以上の幅で上がり下がりを繰り返し、下がっても平熱にはならない

白血病の症状
  • 動悸や息切れなど貧血症状
  • 風邪に似た症状、発熱(38度以上)、寝汗
  • 歯肉出血、鼻血、皮下出血が起きやすくなる
    (血が止まり難くなる)
  • 幼児の場合には、血便、骨痛、関節痛なども出ることがある

⇒白血病詳細
悪性リンパ腫の症状
  • 身体の表面近くのリンパ節が腫れてグリグリ状になるが、痛くも無く、皮膚が化膿しない
  • 初期は、首、脇の下、脚の付け根が出来やすいですが、進行すると全身に出来る
  • 発熱、倦怠感、出血、貧血、寝汗、痒み、体重減少などが起きる

⇒炎症が無いのにリンパ節が腫れる
膠原病
⇒膠原病の自己診断
薬剤アレルギー、脱水、脳卒中や脳腫瘍など
⇒脳卒中の兆しと症状

微熱が続く主な病気


スポンサーリンク


プライバシーポリシー