病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

腹膜炎とは


スポンサーリンク
急性腹膜炎
腹膜炎は他の病気の悪化によって起こることが多い。

急性腹膜炎の症状
胃潰瘍の穿孔によるもの→ 突然、腹痛が起こる。
虫垂炎や胆嚢炎の穿孔によるもの→ 今までの腹痛が急に強まる。
内臓器の炎症によるもの→ 腹痛が徐々に強まる。

痛みは持続するが、高齢者や全身状態がよくない人では悪化すると痛みが軽くなることがある。
その他、腹部膨満、吐き気、嘔吐、呼吸障害が起きることがある。
細菌性の腹膜炎の場合には
エンドトキシンショックが起きることがある。
このショック状態に陥ると、手足が冷たく、脈拍が速く、血圧が下がり、体温が上昇、白血球が異常に多くなる
⇒ショックとは
腹膜炎は、細菌を持った食物が通過する消化器官の穿孔によって起こることが多く、また、腹部への外傷による腹膜炎、肺炎球菌性腹膜炎、S内膜炎、骨盤腹膜炎などでも、最終的には細菌性腹膜になるので、腹膜炎になった原因が何であれショックに陥る可能性がある。

急性腹膜炎の診断
急な腹痛を起こす病気は全て腹膜炎と間違いやすい。

急性腹膜炎の治療法
開腹手術が必要な腹膜炎の場合には、開腹し、穿孔している部分を塞ぎ、腹腔内を洗浄する。


癒着性腹膜炎(慢性腹膜炎)
殆どは何らかの病気で開腹手術した人に起こる。

癒着性腹膜炎の症状
腹部の不快感、引きつける様な痛み、腹部の張りなどがある。
腸管がおかしな癒着を起こすと通過障害が起こり、食事後などに腹痛、腹部膨満、吐き気、下痢・便秘を起こすことがある。
また、癒着を起こしていなくても病気の再発などの不安から同様の症状を感じることがある。

癒着性腹膜炎の治療法
明らかに癒着し、腸閉塞や食物の通過障害があるときは手術によって解消する。


結核性腹膜炎(慢性腹膜炎)
肺結核に罹った後に発症することが多い。

結核性腹膜炎の症状
全身倦怠、食欲不振、微熱、腹部の不快感、腹部の痛みなど。
悪化すると、腹水がたまり、腸が競作して腹痛や嘔吐を起こすことがある。

結核性腹膜炎の診断
癌性腹膜炎や肝硬変、虫垂炎などと間違われやすい。
結核に感染しやすい体質があるので、結核に罹った家族が多い場合はその事を医師に告げること。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー