病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

膀胱炎(cystitis)とは


スポンサーリンク
急性膀胱炎(cystitis acute)
膀胱炎では最も多い。
体力が落ちたとき、膀胱に結石や腫瘍があるとき、前立腺肥大症で残尿感があるときに発症しやすい。
急性膀胱炎になる原因は、大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などの感染による。

急性膀胱炎の症状
突然頻尿になる。
排尿時に痛む(特に排尿の終わりに痛むことが多い)
尿が濁る(血液が混じることがあり、酷いときは排尿の終わりには血液だけ出る)。
微熱が出ることがある
(38度以上になったときは急性腎盂炎を併発した可能性がある)

急性膀胱炎の治療法
香辛料などの刺激の有る食べ物を控え、水分を多量に飲んで尿量を多くし、細菌を洗い流す。
下腹部、棒後部を温めて安静にする。治り難いときは抗生物質や抗菌剤を投与する。
多くの場合1,2週間で治る。


慢性膀胱炎(cystitis chronic)
急性膀胱炎から移行するものと、最初から慢性型のものがある。
原因は急性膀胱炎と同じだが、全く原因不明なこともある。

慢性膀胱炎の症状
急性膀胱炎より軽く出ることが多く、自覚症状が無い場合も有る

慢性膀胱炎の治療法
細菌の感染の場合は、細菌が薬剤耐性を持っている可能性が強いので効果のある薬を選ぶ。
水分を多く摂り尿量を多くし、冷えないようにある。


結核性膀胱炎(tuberculous cystitis)
腎結核に罹っていることが多い。
(結核菌が膀胱の粘膜に潰瘍や結節、肉芽をつくる)
症状は普通の膀胱炎と同じ、排尿時の痛みは強い
治療法は結核と同じように抗生物質を使う


膀胱炎の治療に使われる漢方薬
猪苓湯(ちょくれいとう) 五苓散(ごれいさん) 竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
八味丸(はちみがん) 葛根湯(かっこんとう) 五淋散(ごりんさん)


スポンサーリンク


プライバシーポリシー