病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

脳卒中の兆しと症状


スポンサーリンク

脳卒中とは、脳の病気が原因で突然倒れるものの総称です

脳出血の兆し
高血圧、軽い頭痛、めまい

症状
激しい頭痛が突然来る
意識障害があり、手足の麻痺、または片側だけ麻痺
目は病気がある脳の方に向く
うなじが硬直する
呼吸がし難い
血圧が低下する
小脳に出血した場合は意識障害はなく、悪心、嘔吐、回転性の目眩がする

高血圧により脳血管の一部が傷んで出血する。
40歳以降に多い
発症は朝夕が多く、特に冬季に多い。
飲みすぎ、過労、精神的な緊張や興奮、入浴時の温度差などが発症の誘引になる。


クモ膜下出血の兆し
頭痛が長期間続く、吐き気が起こる

症状
前頭部、後頭部の中央付近の突然の激しい頭痛(頭痛は必ず起こり1週間ぐらい続く)
うなじが痛む
嘔吐、意識障害
昏睡、痙攣、手足の麻痺
脳の出血した部分により、様々の症状が出る

脳動脈瘤が破れ、脳を覆っているクモ膜と軟膜のの間に血が広がる。
30〜60歳代に多い


脳血栓の兆し
一過性の意識障害や麻痺

症状
最初は半身の運動麻痺や知覚障害が起きるが、進行するに連れて全身に広がる。
言語障害や視野障害、痙攣が起こることもある。
詰まった血管の部位により症状は様々

動脈硬化や糖尿病などによる血管の炎症などで脳の血流が妨げられて起こる
⇒動脈硬化の予防と改善方法
血圧降下剤を飲んでいる、脱水症状のある人がなりやすい
60歳以上の人に多い


脳栓塞の兆し
目眩、ふらつき

症状
突然、発作が起こり、1分以内に片側の麻痺が起こる。
意識を失うことがある。

血管内に出来た血液の塊が脳血管に詰まって起こる。
過労や飲みすぎが誘引になる。
年齢を問わず起きる。


一過性脳虚血発作の兆し
一過性の目眩やふらつき

症状
数秒から数十分間、意識を失ったり、しびれや麻痺を感じる

動脈硬化によって脳血管の血流が一時的に非常に悪くなって起こる
飲みすぎ、過労、血圧低下、脱水などが発症の誘引になる
年齢を問わず起きる


高血圧性脳症の兆し
頭痛、めまい

症状
頭痛、痙攣、意識障害、手足の麻痺、言語障害

重症の高血圧のため、脳浮腫になり、脳中枢部を圧迫して起こる。
飲みすぎ、過労が発症の誘引になる


スポンサーリンク


プライバシーポリシー