病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
急性気管支炎
急性気管支炎の症状
乾いた激しい咳が出る。
暖かい室内から戸外に出たときに咳が出ることが多い。
次第に、痰(無色から黄色や褐色に)が出て湿った咳になる。
発熱・胸痛を伴う。
呼吸が苦しくなり、呼吸のたびに胸の奥の方から「ヒュー」という音が鳴り、この音は近くにいる人にも聞こえるようになる。
炎症が細部の気管支にまで広がると、だるさや発熱を伴う。
重症になると、不眠や嘔吐症状が出たときには肺炎を併発していることが多い。

急性気管支炎の原因
咽頭炎、喉頭炎に伴って気管支粘膜が炎症を起こすウィルスによる感染症。
マイコプラズマによる感染の場合は激しい咳になる。
また、刺激性のガスの吸引でも起こる。

*マイコプラズマ
細菌の一つ。細胞壁が無いので形を変えられ、その代わりに細胞膜が他の細菌に比べて頑丈に出来ている。
15%程度の菌が抗生物質に対して耐性を持っている。
マイコプラズマ肺炎になると、高熱と乾いた咳が続き、痰は少なくなる。

急性気管支炎の治療法
1〜2週間で自然治癒する場合が多いが、苦しければ咳止め、去痰剤、抗生物質、気管支拡張剤を使う。
去痰には低温の蒸気の吸入が効果がある。

急性気管支炎に効く漢方薬
麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう) 麻黄湯(まおうとう)
小柴胡湯(しょうさいことう) 小青龍湯(しょうせいりゅうとう)
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう) 柴朴湯(さいぼくとう)


スポンサーリンク


プライバシーポリシー