病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

乳幼児の発熱


スポンサーリンク

乳幼児は、気温の上昇、遊び疲れ、激しく泣く、興奮する、厚着をする、水分不足などで体温が上昇します。
また、朝、昼、晩で体温が異なります。
ですから、健康なときの平熱を知っておくことが重要です。

体温が高い理由(気温の上昇など)が判り、かつ、機嫌が良く食欲もあり、
かつ、平熱より1度未満高い程度でしたら心配要りません。
翌日も体温が高いときには受診してください。
ただし、生後2ヶ月未満の乳児では症状が急変することがあるのでより注意が必要です。

急いで受診が必要な症状は

  • 息が荒く苦しそう、小さい身体を震わせて全身で息をしているとき
  • ミルクなどの水分をあまり摂らず、尿量が減ってきたとき
  • 激しい下痢が続く
  • 嘔吐を繰り返す
  • うとうと眠っているばかりで意識が朦朧としている
  • 熱が高いのに顔が青白く、ぐったりしていて反応が鈍い
  • 激しく泣き続け、あやしても泣き止まない

受診した方が安心な症状(緊急に受診する必要は無い)

  • 平熱より1度以上高い熱が二日以上続いているとき
  • 機嫌が悪い状態が続いているとき
  • 寝ているときも咳き込んでいるとき
  • 下痢が何度か続き、水の様な便になったとき
  • 食欲が無い
  • 食べた物を吐いてしまうことが続いたとき
  • 鼻水や鼻詰まりが治らないとき

乳幼児の発熱で自宅療養するときの注意点

  • 乳幼児は自分の健康状態を表現できないので、周囲の者が症状の変化を書き留めて置き、受診するときには症状を医師に告げるようにします。
  • 受診前は解熱剤を使わないようにします。
    感染症での発熱は身体の防御反応なので無闇に下げると治りが悪くなります。
    受診前は濡れたタオルや氷枕などで冷やすようにします。
    逆に、震えが出て寒がっているときには温めて上げます。 
  • 室温は、20度前後、湿度は60から70%にして空気が乾かないようにし、なるべく光が入らないようにして外界からの刺激を避けます。
  • 寝たがらないときには玩具などで機嫌をとりながら寝かしつけるようにします。

乳幼児が発熱しているときの自己診断

症状1
くしゃみや咳、喉の痛み、下痢、嘔吐など風邪の症状が出る
風邪の疑い


症状2
突然、38〜39度の熱が出る。
寒気やだるさがある。
手足の筋肉や関節の痛み、頭痛、喉の痛みがある。
咳が出る。
消火器症状(嘔吐や下痢)が出ることもある。
インフルエンザの疑い


症状3
突然、38〜40度の高熱が出て、3,4日続く。
喉が赤く腫れる。
白目の部分が赤く充血して目ヤニが大量に出る。
その他、咳が出たり、腹痛や下痢を起こすことがある。
⇒プール熱(夏から秋に掛けてが多い感染症)の疑い


症状4
突然、39度前後の高熱が出る。
喉の奥に小さな水泡が数個から十数個が出来る。
飲食物が喉を通らなくなる。
よだれが多くなる。
熟睡できなくなる。
⇒ヘルパンギーナの疑い


症状5
初期は、くしゃみ、鼻水などの風邪症状が出る。
乾いた咳が出るが、38度以上の高熱が出てからは、むせるような湿った咳に変わる。
呼吸が苦しくなり、喉がヒューヒューとかセェーゼェーと鳴る。
吐くことがある。
食欲が無くなり、体力も無くなる。
⇒急性気管支炎の疑い

症状6
2歳以下(特に6ヶ月まで)の乳幼児で、咳が酷く、息を吐くのが苦しそう。
熱は出るときと出ないときがある。
小鼻をピクピクさせる、呼吸の度に肋骨と肋骨の間がへこむ。
症状が酷くなるとチアノーゼ(唇や皮膚が青くなる)が出ます。
⇒細気管支炎の疑い(至急診療してもらう必要がある)

上記のような症状が出るものには肺炎もあります。
肺炎は麻疹などの感染症の後に罹ることもあるので注意が必要です。


症状7
よだれが多くなる(唾液を飲み込むと痛むため)。
扁桃(喉の奥の両脇)が赤く炎症を起こしている。
扁桃の炎症が酷くなると膿(黄色)を持ったり、白い発疹が出る。
39〜40度の高熱が出る。
下痢や嘔吐が起きたり、首のリンパ節が腫れることがある。
⇒扁桃炎の疑い

症状8
ミルクを飲んだり、食物を食べるときに痛むので、食欲が落ちる。
不機嫌になる。
38度以上の高熱が出ることがある。
⇒咽頭炎の疑い


症状9
呼吸が苦しそう。
息を吸うときに、「ゼーゼー」や「ヒューヒュー」と喉が鳴る。
犬が吼えているようなかん高い咳が出る。
声がかすれる。
⇒急性喉頭炎の疑い
呼吸困難を起こすことがあるので、呼吸が酷く苦しそうなときには夜間でも病院に行く必要があります。


症状10
喉の痛みや頭痛と、39度ぐらいの高熱が出る。
その、1,2日後に、赤い小さな発疹が全身に広がって痒くなる。
その、3,4日後に口の中にも炎症が広がって喉が赤くなり、舌にも赤いボツボツが出来る(イチゴ舌)
口の周囲だけは発疹が出来ず白く見える。
⇒溶連菌感染症(猩紅熱)の疑い


症状11
発熱などの風邪症状と、白い水様便が日に何度も出る。
⇒ロタウイルス性下痢症(白色便性下痢症)の疑い
2歳以下の乳幼児が寒い時期に罹る感染症
ロタウイルスによって胆汁の分泌が悪くなって便の色が白くなります。
脱水になりやすいので早めに受診が必要です。
治療によって1週間内に治癒します。
吐き気が収まったときはミルクなどで栄養と水分を補給します。


症状12
両頬が赤く盛り上がったような紅斑が出る。
紅斑部分が熱を持ったり、痒みや痛みがあることがある。
その、1,2日後、紅斑が腕や足、臀部に広がる。
発熱は無いか、微熱程度
⇒りんご病(伝染性紅斑)の疑い


症状13
軽い咳から始まり、次第に、痙攣性の激しい咳になり、一ヶ月以上続く。
特に夜間に咳が酷くなる。
発作が起こると、呼吸困難、チアノーゼ(唇や顔面などが青くなる)を起こしたり、吐くことがある。
⇒百日咳の疑い


症状14
両側の頬、または、片側の頬が腫れる。
38〜39度の高熱が出る。
症状は発症後2〜3日が酷く、口を開けることも出来ないことがある。
⇒おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)の疑い


症状15
風邪症状、38度ぐらいの高熱が出る。
その、2〜3日後、頬の内側に、粟粒ぐらいの発疹が出る(コプリック斑:中央が白、その周囲が赤)
熱が下がってから再び39度ぐらいの高熱が出る。
そして、赤い発疹が顔や胸から全身に広がっていく。
⇒麻疹


症状17
38度ぐらいの高熱が出るのと同時に、顔から全身に発疹が広がる。
熱は2〜3日で下がり、発疹も発症から3〜4日で消える
⇒風疹(三日ばしか)


症状18
37〜38度の発熱と同時に、頭や耳の上に赤く小さな発疹が出る。
それから、3〜4日で全身に広がる。
発疹は水疱になって、痒みが酷くなる。
⇒水疱瘡(水痘)


症状19
生後6ヶ月〜1歳の乳児
突然、39〜40度の高熱が出るが赤ちゃんは元気だが、下痢症状や熱誠痙攣が起きることがある。
熱は3〜4日で下がるが、全身に小さい発疹が出る。
この発疹に痒みは殆ど無く、2、3日で発疹は消える。
⇒突発性発疹の疑い


症状20
生後6ヶ月から5,6歳に多い
突然、38度以上の高熱を出し、全身を硬直痙攣させ、白目になる。
或いは硬直痙攣の後に高熱が出る。
痙攣は5分以内に収まる。
⇒熱性痙攣


症状21
39〜40度の高熱が出て、2〜3日目から全身に赤い発疹が出る。
そして、手や足の裏が腫れ、口中や舌、目が真っ赤になる。
熱は5日以上続く
⇒川崎病の疑い


症状22
風邪症状が治り熱が下がった後、再び38度以上の熱が出る。
耳が痛くなる(手を耳や耳の後ろに当てたり、頭を振る)
黄色い耳垂れが出る
機嫌が悪くなる
⇒中耳炎の疑い


症状23
風邪を引いていないのに熱が出る
耳を痛がる(耳に触れるだけ痛がる、着替え時に激しく泣く)
⇒外耳炎の疑い


症状24
39度以上の高熱が続き、嘔吐を繰り返す。
酷い頭痛がする(頭痛のために手を頭にやったり、頭を振る)
首の後ろが突っ張る(頭を前に倒して、顎を胸に付けられなくなる)
(普段歩ける子供が)足を引きずって歩く、起立が出来なくなる。
全身を痙攣させる。
ぐったりして意識が無くなる。
大泉門が腫れる
⇒髄膜炎の疑い
特に41度以上の高熱や首の後ろの突っ張り、歩行障害、痙攣などがあるときは、至急病院へ行く必要があります。


症状25
高熱が続く
嘔吐を繰り返す
ぐったりして眠ってばかりいる
反応が鈍い
痙攣を起こす
⇒脳炎、急性脳症の疑い
至急病院に行く必要があります


症状26
風邪症状が無く、突然、高熱が出る。
排尿の回数が多くなり、血尿が出ることがある。
排尿痛がある
⇒尿路感染症の疑い


症状27
頭を打った後に吐き出した
⇒脳内出血の疑い
至急受診する必要があります。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー