病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

百日ぜき(百日咳)


スポンサーリンク
百日ぜき菌の感染によって起こる。
患者からの直接飛沫感染で、菌は鼻や喉から侵入する。
幼児が多く、新生児でも感染する。
感染力が強い、5〜9月に多発する。
他人を感染させるのはカタル期が最も強く、発病後1ヶ月で菌は無くなる。
潜伏期間は約1週間、
一度罹ると終世免疫が得られる。

百日咳の症状

  • (カタル期)普通の風邪症状が1〜2週間続き、
    だんだん咳が激しくなり、特に夜間に激しく、咳止めが効かない。
    その後、けいれん性の激しい咳、ひと息で数回から数十回、顔が真っ赤になって前かがみになるほど激しい咳になる。
     
  • (痙咳期)
    痙攣性の咳発作が反復する。
    息を吸い込む時間が無いほど咳き込み、
    咳の終わりには、息を吸い込むときにヒューヒューと笛のような音をさせる。
    発作は多量のねばねばした痰が出て終わる。
    激しい咳のために顔が腫れぼったくなる。
    痙咳期は、2〜6週間続く。

百日咳の治療法
安静にして体力の消耗を防ぐのが大切。
カタルキ期にはエリスロマイシンが有効。
しかし、痙咳期に入ると効かないので、この期には咳発作を起こさないように注意する。
また、軽い発作ですむように、タバコの煙や埃、急激な温度変化などの刺激要因を減らす。
蒸気の噴霧吸入器で喉を湿らせ痰などを出やすくするエアゾール療法も有効。
水分も十分に与え、消化が良く、栄養価の高い物を食べさせる。

百日咳の合併症
肺炎が最も多い。
激しい咳のために脳の酸素欠乏や脳圧亢進が起こり、痙攣や脳内出血を起こすことがある。

百日咳の予防法
三種混合ワクチンが有効で、感染の危険があれば予めエリスロマイシンを内服する。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー