病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
腹痛の自己診断

転げ回りたいほどの激しい痛みは胆石や腎臓結石が多いですが、 激しくキリキリ痛み、顔面蒼白・冷や汗・吐き気があるような場合には、 虫垂炎・胃潰瘍などで腸や胃に孔が開いて腹膜炎を起こしている疑いがあります。
腹膜炎は体力の無い人や高齢者の場合には病気が酷くなると症状が和らぐことがあるので要注意です。
⇒腹膜炎詳細
一刻も早く治療しないと生命を失いかねません。
また、ショックで意識を失う場合がありますので自動車の運転は症状が落ち着くまで中止してください。

⇒ショックとは

*鈍痛の場合は対症療法ですむ場合が多いようです。

*食事の有無に関係なく、疲労や長時間のドライブなどで腹痛になる場合は骨粗鬆や脊椎の病気も疑ってみます。

*小麦粉製品や魚介類、果物など、特定の食物を食べた後の腹痛、嘔吐、発疹など、または食後運動しての腹痛などは、
⇒食物依存性運動誘発アナフィラキシーも参照

⇒ タラ、サバ、イカなどを生で食べた後12時間以内に激しい上腹部の痛みがあったら参照

生牛肉を食べたり、牛や羊に触れた1から14日後に、 激しい腹痛と水様性下痢(その前に風邪症状がある場合もある)、1〜2日後に鮮血性下痢
⇒腸管出血性大腸菌感染症
ノロウイルス流行期(主に冬季)に嘔吐や下痢、微熱がある場合には
⇒ノロウイルスによる感染性胃腸炎も参照のこと

⇒鼠径部(腿の付け根)やその少し下に軟らかい腫瘤を感じたら、ヘルニアも参照

症状1
みぞおちが付近が痛む
考えられる病


症状2
右上腹部付近が痛む
考えられる病
激しい痛み、右肩付近も痛み出す。
胆石症・胆嚢炎・胆管炎の疑い。
(ときに発熱や黄疸、吐き気あり)
⇒胆石症・胆嚢炎・胆管炎


症状3
腹の中央部や腰が痛む
考えられる病
腎盂腎炎の疑い
⇒腎盂腎炎


症状4
左上腹部が激しく痛み、痛みが内股に移る
考えられる病
左腎結石の疑い
⇒腎結石


症状5
右下腹部が痛む
考えられる病


症状6
左下腹部が痛む
考えられる病

  • 粘液や血液の混じった下痢が多い
    大腸炎
  • しぶり腹(便意があっても出ないを繰り返す)・発熱・下痢
    赤痢の疑い
  • 痛みが大腿部に移る
    尿管結石の疑い

症状7
下腹部が痛む
考えられる病

  • へそ付近が痛んで下痢がある
    急性腸炎(重症の時には発熱あり)
  • 膀胱付近が痛む
    ⇒膀胱炎膀胱結石の疑い

症状8 
(女性)突然、下腹部に激痛が走り、激痛は間欠的に続く
吐き気、嘔吐
考えられる病
(らんそうのうしゅけいねんてん)
(ショックを起こすことがあるので危険)


症状9
(女性
)突然、下腹部に激痛が走る。
急性貧血
考えられる病
女性の病気(ショックを起こすことがあるので危険


症状10 
上腹部が突然痛み出し、その後、腹部全体が痛む。激痛が持続する。
吐き気、嘔吐、発熱がある
考えられる病
胃または十二指腸潰瘍の穿孔 (ショックを起こすことがあるので危険)


症状11 
腹部全体が突然激痛に襲われて激痛が続く、または疝陣(発作的に激痛を繰り返す。
吐き気、嘔吐、排便が止まり、口から糞臭がする
考えられる病
腸閉塞 (ショックを起こすことがあるので危険)
⇒腸閉塞(イレウス)詳細 


症状12
腹部全体が突然激痛に襲われて激痛が続く。
吐き気、嘔吐、血便
考えられる病
腸間膜血管閉塞症 (心臓病の人に多い)
ショックを起こすことがあるので危険


症状13
胸の中央、左胸、左上腹、背中、左肩に激痛が持続する。
吐き気、嘔吐、鼓腸(腸内にガスが集積して膨張し、腹部の膨満)、発熱
考えられる病
急性膵炎、急性脾臓壊死 (ショックを起こすことがあるので危険)


症状14
(動脈硬化、腹部大動脈瘤のある人)
⇒動脈硬化の予防と改善方法
腹部全体から腰背部に掛けて突然激痛が走る。
吐き気、嘔吐
考えられる病
腹部大動脈瘤の破裂 (非常に危険)


スポンサーリンク


プライバシーポリシー