病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

ノロウイルスによる感染性胃腸炎

感染流行期は主に冬季です。

ノロウイルスによる感染性胃腸炎の症状
下痢、嘔吐、微熱、腹痛。
健常成人の場合には大した症状が出ないか、出ても1,2日で自然治癒する。
幼児や高齢者、病弱者は重篤化しやすい。

ノロウイルスの感染ルートと潜伏期間
感染者の嘔吐物や便に触れた手から直接の経口感染や、その手からドアノブなどに付着し、そのドアノブに触れた手からの経口感染する。
感染者の嘔吐物や便が乾燥してノロウイルスが空気中に飛散し、それを吸い込むことによって感染する。
ノロウイルスは体内に100個程度入っただけでも症状が出るので感染力が強い。
感染者からのノロウイルスの便からの排出は完治後少なくとも1週間は続きます。

ノロウイルスによる死因
多くは嘔吐物が肺に入って発症する誤嚥性肺炎によります。
嘔吐物が肺に入らないようにするためには、吐いているときに
上半身を下向きにして左右の肩甲骨の間(首と背中の間付近)を、手のひらの付け根で5,6回強く叩くのが有効です。
叩いたときに受ける衝撃で肺内の圧力を上げ、気管支にある嘔吐物を吐き出させます。
この方法は、餅や飴、コンニャクなどが詰まったときにも使えます。
ただし、幼児や高齢者は骨が軟らかかったり脆くなっているので叩く強さに注意する必要があります。
気管支に食物などが詰まったときには掃除機の吸引パイプを口に当てて吸い出す方法がありますが、口中内を傷つけることがあるので最後の手段です。


スポンサーリンク

ノロウイルスの消毒法
感染者、感染の疑いのある者の嘔吐物や便は乾いて飛散する前にティッシュペーパーやキッチンペーパーを掛け、その上に塩素系漂白剤を掛け、使い捨てのビニール手袋などをして早く棄てます。
床などに嘔吐した場合には、嘔吐物を捨てあと、
塩素系漂白剤濃度0.1%以上の液をその部分に掛けて消毒します。
色落ちの心配などで塩素系漂白剤を掛けられない場合には、
85度以上かつ1分間以上加熱して消毒します。
ドアノブなど間接的に汚染された物は、塩素濃度0.02%の消毒液を使ってよく拭き取ります。
ノロウイルスにはアルコール消毒は効果がありません。
ノロウイルスは感染力が強いので、感染者、感染の疑いのある者の下着などは他の者の衣類とは別に洗う必要があります。

キッチンハイターなどの台所用漂白剤の塩素濃度は5、6%なので、水500mlに塩素系漂白剤10mlを加えると約0.1%の消毒液が作れます。
0.02%の消毒液は水1リットルに塩素系漂白剤5mlを加えます。
*加熱消毒にはスチームアイロンから出る蒸気を当てたり、スチームクリーナー、ドライヤーが使えます。ただし、ドライヤーは乾燥してウイルスが飛散させることがあるので汚染が強い部分には使わないでください。

食品の消毒
85度以上で1分間以上加熱してから食べてください。
中心分の温度が85度以上にならない場合があるので大きな具材を加熱調理するときにはこの点も注意してください。




プライバシーポリシー