病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究
URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします
ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
胸痛(胸の痛み)の自己診断

激しい胸の痛みと恐怖があり、心臓などに器質的異常が無い場合には、
⇒パニック障害の可能性があります(パニック障害は女性多い)
胸や背中に激痛、または、手足に激痛がある場合は、大動脈解離の可能性があるので1分でも早く救急車で病院へ。
大動脈解離は,、液を全身に送り出す心臓の左心室から出ている大動脈の血管(三層構造)の中膜内に血液が入って血管が層状に切れるもの。


スポンサーリンク


  • 症状1
    • 針で刺されたような鋭い痛みがある
    • 深呼吸したり、身体を捻ると痛む
    • 痛む場所を押さえるとより痛む
    • 肋骨の端(左右)や胸の左右を揉み解すと痛みが和らぐ
    • 痛む時間が長かったり短かったりする
    • インフルエンザなどの感染症に罹った後に痛み出した
    考えられる病
    • 筋肉痛(胸の左右にある大胸筋は凝ることがある)
    • 山歩きやダニのいる場所に行ったことがあったら寄生虫で痛みが出ることがある
    • 咳をする度に痛むときは肋骨の疲労骨折のおそれがある
  • 症状2
    • 息を吸ったときに、左右どちらかの側胸部に一瞬痛みが走る。 多くは胸の側だが、胸の前や後ろに痛みが出ることがある。 このとき、息をゆっくり吐いて再度吸うと今度は痛みが出ない
    考えられる病
    • 側刺痛
      肺を覆っている肺側胸膜と肋骨の内側で肺側胸膜と接している壁側胸膜の部分的癒着によって痛みが出ます。
      通常、この二つの胸膜の間には潤滑油の役割をする胸水があって、肺が滑らかに伸縮するようになっていますが、 健常人でも二つの膜が癒着することがあります。
      ただし、結核や肺がんなどの病変が胸膜に転移しても癒着が起こるので、頻繁に痛みが出るときは要注意です。
      ⇒肺ガンの自己診断
  • 症状3
    • 肋骨の間、肋骨に沿って痛みが走る
    • 身体の左右どちらかが痛む
    • 痛みは長引かない
    • 身体を捻ったり、伸ばしたりすると痛む
    考えられる病
    • 肋間神経痛
      身体の左右どちらかしか痛まない。
      左胸付近が痛む場合が多いので、狭心症の痛みと間違えやすい。
      ⇒肋間神経痛詳細
    • 風邪で起こることがあるが、肋骨や脊髄のカリエス(慢性的に破壊されていく病気)、癌の転移などのときがある
  • 症状4
    • 安静時に痛む
    • 心臓の辺りがズキズキ傷む
    • 痛む場所を押すと痛みが増す
    • 動悸・息切れが起こる
    • 過労気味・ストレスがある
    考えられる病
  • 症状5
    • 痛む前に咳がたくさん出た
    • ゴルフや野球をした後に痛み出した
    • 深呼吸や咳をすると痛む
    • 痛むところを押すとより痛む
    • 息切れや呼吸困難を感じることがある
    考えられる病
    • 肋骨骨折
      息切れや呼吸困難があるときには肺に穴が開いている可能性がある
    • 症状6
      • 風邪やインフルエンザが長引いた後、数日から1週間で、息切れ、浮腫み、胸の痛み、倦怠感などが出てきた
      考えられる病
      • 心筋炎
        ⇒心筋炎についての早分かり
        心臓の筋肉にウィルスが感染した後、リウマチ、或いは突発的に起こる炎症で、心臓が肥大し、心不全になる
    • 症状7
      • 切るような鋭い痛みを胸の皮膚に感じる
      • 痛みは胸だけでなく首や肩甲骨に広がっている
      • 深呼吸や咳で痛みが増す
      • 仰向けや横向きに寝ると痛み、その痛みは首や肩に及ぶことがあり、起きると痛みが軽くなる
      考えられる病
    • 症状8
      • 胸がもやもやする
      • 以前から不整脈がある
      • 心臓病と診断されている
      • 動悸・めまいがする
      考えられる病
      • 心房細動
        心臓を規則正しく動かすために出ている洞結節からの電気信号が迷走し、 心房が不規則に動いて脈が速くなり血液を正常に送り出せないもの
        ⇒不整脈についての早分かり
    • 症状9
      • 乾いた咳が出て、呼吸困難になった
      • 突然、胸が痛み出した
      • 安静にしていると痛みが収まる
      • 唇が紫になる
      • 不整脈、血圧低下になることがある
      考えられる病
      • 自然気胸
        ⇒自然気胸詳細
        自然気胸では胸の痛みは殆どの場合ある
        呼吸困難は片肺だけが自然気胸の場合は次第に楽になる
    • 症状10
      • 死ぬと思うほど激しい痛みがある
      • 冷や汗が出る、吐き気がある
      • 痛みは15分間以上続く
      • 前兆が無い場合もあるが、症状12の狭心症の症状が数日前から現れている場合がある
      考えられる病
      • 心筋梗塞
        非常に危険なので、患者を楽な姿勢で安静にし、できるだけゆっくり呼吸し、 吐き気があっても無理に吐かせず、便意があっても力ませないこと
        直ぐに医師の診察を受けること
      • ⇒息切れの自己診断
    • 症状11
      • 肉体労働中や身体を動かしているとき、興奮しているときに胸が痛くなる
      • 締め付けられるような胸痛が数分間ある
      • 吐き気や嘔吐、呼吸困難、発熱は無い
      • 血圧値は変わらないか上昇気味
      • 脈拍は増加
      • 不整脈は無い
      • ショック状態にはならない
      考えられる病
    • 症状12
      • 主に安静時や夜間睡眠時に強い締め付けられるような胸の痛みが15分間近くか、それ以上か近く続く
      • 吐き気や嘔吐、呼吸困難、発熱は無い
      • 血圧値は変わらない
      • 脈数は変わらないか上昇気味
      • 不整脈が出るときがある
      • ショック状態にはならない
      考えられる病
    • 症状13
      • 以前から高血圧である
      • 首の後ろ、胸から背中、腰にかけて、熱い釘を打ち込まれたような激しい痛みが走る
      • 手足にも激しい痛みが出る
      考えられる病
      • 解離性大動脈瘤
        動脈の壁は内膜・中膜・外膜の3層構造になっているが、中膜が弱くなり、 その為に内幕が破れ、血液が外膜を直接圧して瘤をつくるもの
    • 症状14
      • 長時間同じ姿勢で居た後、突然、強い胸の痛みに襲われた
      • 呼吸回数が多くなって、呼吸困難になった
      • 血痰が出たり、発熱することがある
      • ショック状態になることがある
        ⇒ショックとは
      考えられる病
    • 症状15
      • 長時間同じ姿勢で居た後、突然、強い胸の痛みに襲われた
      • 呼吸回数が多くなって、呼吸困難になった
      • 血痰が出たり、発熱することがある
      • ショック状態になることがある
        ⇒ショックとは
      考えられる病
    • 症状16
      • 胸が圧迫されるような苦しさがある
      • 痰が泡のようになったり、ピンク色になることある
      • 呼吸が荒くなって、呼吸困難になる
      • 仰向けに寝ていると痛み、起き上がると楽になる
      • 手足が冷える
      • 冷や汗をかく
      • 動悸がする
      • 尿量が日中は少なく、夜間が多い
      考えられる病
      • 心不全(心臓の機能が低下している状態)

スポンサーリンク



プライバシーポリシー