病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究
URLを変更しました。ブックマークの変更をお願いします
ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
肺がんの自己診断
先ず気をつけておくことは、早期の肺癌には特有の自覚症状が殆ど無いということです。
肺癌と診断されて初めて、「あれが初期症状だった」ということです。
ですから、このページの診断法を過信しないでください。

下図の黄色部分の肺癌(肺野部癌)は早期では自覚症状が殆どありません。
エックス線検査では発見できます。

肺門部(気管支から肺に入る太い部分)に出来る癌は、咳や痰などの自覚症状は出やすいですが、エックス線胸部撮影では心臓の陰になるために発見し難いです。

肺がんの自己診断

  1. 腕の内側がピリピリと痺れる
    肺の上部には腕を支配する神経が通っているために肺の上部に癌が出来た場合には呼吸器症状が出る前に、 腕の内側が「ピリピリ」「ジンジン」と痺れ始め、焼けるような痺れを感じることがあります
  2. 咳が続く
    喉から左右の肺に通じる気管支に癌が出来ると、炎症が起きるので粘膜を刺激して咳が出ます。
    粘膜に風邪ウイルスが付着したりして炎症が起きたとき、気管支に空気以外の物が入ってしまったときに、 空気の通りをよくする為に咳で吹き飛ばそうとするのと同じです。
    非常に進行した肺ガンでは、癌やリンパ節の腫れによる気道の圧迫、胸水の貯留などによって咳が止まり難くなります。
  3. 痰が出る
    癌による炎症や浸潤などで気道が狭まるために、気道内の分泌物が痰として出ます
  4. 血痰が出る
    気管支の粘膜の炎症が進むと炎症部分から血が出ます。
    肺がんによる血痰の特徴は、血の塊では無く、痰の中に糸を引くように血が混じっています。
    ただし、咳や痰、血痰は気管支炎でも出るので肺癌特有の症状ではありません。
    血痰が出るまで炎症が続いても90%の方は気管支炎や気管支拡張症という統計が出ています。
    早期肺癌患者で起こった症状は統計上は
    咳    85.7%
    血痰  57.1%
    咳と血痰の両方 92.9%
    国立がんセンター)

    血痰が出る癌は肺門部に出来ることが多く、肺門部の癌は喫煙と関係があると言われているので、 喫煙者は赤い糸を引いたような僅かな血でも注意する必要があります。
  5. 発熱、冷や汗、疲れやすいなどの症状が出ることがある
    肺がんによる発熱の場合は、解熱し難い(併発した感染症による発熱を除く)
  6. 肩や背中、腕、骨の痛み、顔や首の浮腫み
    眼や脳の異常など思いがけない部分に異常が出ることがある。
    早期癌でも出ることがあるが、多くは進行した癌に出る
    • 片側の肩の後ろの内側(肩甲骨)付近が痛み、肩から腕の上部に痛みが広がることがある。
    • 眼の異常は、癌のある側の瞳孔が小さくなったり、目が開けづらくなる、眼球が奥に引っ込む、瞼が下がる(ホルネル症候群)
    • 肺癌(特に右肺)が上大静脈を圧迫するようになると、顔や首、腕などに浮腫みが出ることがある。
  7. 四肢の骨関節が肥大、爪が強く湾曲し、指がバチ(太鼓などを敲く棒)のようになる
    肺癌に特有な症状では無く、慢性の肺疾患や心疾患、肺機能の低い人にもある症状です。
  8. 肺癌は転移しやすいので、転移した場合には転移した器官に症状が出ます。
    脳に転移すれば、他の脳疾患と同じ症状が出ます。
    皮膚癌だと思ったら、末期の肺癌だったという話もあります。

スポンサーリンク


プライバシーポリシー