病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

食道癌の自覚症状と予防法


スポンサーリンク
食道癌になりやすい人の特徴
  • 50〜70代の男性に多く、男女比は男性は女性の4,5倍食道癌になりやすい
  • アルコール度数の高い酒を好む人
  • アルコールに弱かったのに飲むに連れて強くなった人
    (アルコールを分解する酵素に余裕が無い)
  • 熱い飲食物を好む人
  • 喫煙者
  • 胃を切除した人
  • パレット食道がある人
    ⇒逆流性食道炎
    (逆流性食道炎によって起こる)
  • 食道アカラシアがあった人
    ⇒アカラシア

食道癌の種類

  • 扁平上皮癌
    食道内皮にある粘膜をつくる扁平上皮細胞に発生する癌。
    日本人の食道癌の殆どを占める。
    (扁平上皮細胞は皮膚や粘膜をつくる) 
  • 腺癌
    臓器に物質を分泌する腺に発生する癌で、欧米人に多い

食道癌の出来る部位

  • 頸部食道癌
    食道の始めの部分に出来る癌で、日本人では食道癌の5%ほどで少ないが、声帯のある喉頭を切除しなければならない場合が多く、声を失う可能性がある。
    喉頭を切除して声が出なくなったときには、人工発生装置を使う。
    これは、声帯の代わりに機械で喉を振動させて普通に口や舌を使って声にする。特別な訓練は必要ないが、声に違和感がある。
    ⇒声の出るしくみと声変わり 
  • 胸部食道癌
    胸部食道といわれる部分は食道の殆どを占める。
    胸部食道は肋骨の奥にあり、心臓、大動脈、気管などの重要な臓器に接しているために手術になると大掛かりになる。
     
  • 腹部食道癌
    腹部食道は胃に接続する部分で、食道癌の発生度合いは日本人の場合は5%ほどで、手術は上記2つの癌手術より簡単で、早期発見できた場合には最も治療成績がよい。

食道癌の初期症状
他の癌同様に初期では症状が出ないことが多い。
症状が出るときは食道の内皮が爛れている。
症状の程度はそれが気になって生活に支障をきたすほどではない。
症状は、和らいだり、収まってしまうことがある。

  • 食べ物を飲み込むときに喉に違和感がある
  • 熱い物や酸っぱい物を食べたときにしみる
  • 胸の奥がチクチク痛む

進行期の食道癌の症状

  • 食事の際に胸につかえる感じがする
    (初めは固形物を食べた際につかえを感じるが、病状が進むと流動食でもつかえを感じるようになる)
    癌が更に進行すると、食べ物が通らなくなり、終いには水も通らなくなる。 
  • 食道の周囲には、咽頭、喉頭、気管、気管支、肺。背骨、大動脈などがあるため、癌がこれらの部位に浸潤(浸み出すように広がる)や転移するとその部位の症状が出る。 
    気管、気管支、肺に癌が及ぶと、咳、声枯れ、呼吸困難、誤嚥性肺炎などになる。 
    食道の脇にある声を調節する神経に癌が及ぶと、声がかすれる。 
    肺、背骨に癌が及ぶと、胸や背中が痛む 
    大動脈に癌が及ぶと、腹痛や吐血などが起きる

食道癌の検査

  • エックス線造影検査
    バリウムを飲むので多少面倒ですが、痛みが無く手軽。
    しかし、癌によって食道内に出来た凹凸を見るものなので初期癌の発見は難しい。 
  • 食道内視鏡検査
    口または鼻から内視鏡を挿入し、食道粘膜にヨードを吹きかけて目視する。(ヨードを吹き付けるのは、染色度合いによって、正常細胞と異常細胞の識別が容易になるため。正常の粘膜はヨード液によって黒く染まるが、癌が発生している粘膜は染まらない)
    早期の小さな癌も確実に見つけられる。  
  • 生検組織検査
    内視鏡検査で癌の疑いがあるときはその場で内視鏡についたピンセットのようなもので採取し、顕微鏡で細胞を見る。
    癌の有無、癌の種類を特定できる。 
  • 癌の転移を確認するために胸部エックス線撮影、CT(コンピューター断層撮影)、MRI(磁気共鳴撮影)、PET(陽電子放射断層撮影) 
  • 超音波エコー・センサーが付いた内視鏡撮影
    食道や食道周囲への癌の浸潤が判る

食道癌の治療法
食道粘膜上(ごく浅い部分)の癌では内視鏡で切除するだけで十分な場合が多い。
癌の進行度合いにより、化学療法や温熱療法(癌細胞は熱に弱い)を併用する。
病変が大きくなっている場合は外科手術を行う。

食道癌の予防法
癌細胞は遺伝子のコピーミスで起こり、細胞がアルコールや熱、有害物質に弱いのは明らかなので、特に強いアルコール、熱い飲食物、喫煙を避け、少しでも遺伝子のコピーミスが起きないように細胞を刺激しないこと。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー