病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
めまいの自己診断
先ず、めまいを引き起こす原因を探るために自覚症状から大まかに3分に分けます。
  1. 回転している感じがする眩暈(回転性)
    ⇒抹消性めまい:原因は前庭迷路系(耳や眼などの感覚器)の異常が多い
  2. ふわふわ、ふらふらする眩暈(浮動性・動揺性)
    ⇒中枢性めまい:原因は脳の異常が多い
  3. 目の前が真っ暗になって失神してしまう感じがする眩暈(失神性)
    ⇒失神と同じですが、意識があるので眩暈として感じます

診断で見逃せないのは、上記の「2」の浮動性・動揺性のめまいです。
このめまいを引き起こす病気は

  • 小脳出血
    症状は、めまい、悪心、嘔吐、頭痛、運動障害です
    出血による血腫が大きくなると意識障害も出現します
  • 小脳梗塞
    症状は、小脳出血と同じ、めまい、悪心、嘔吐、頭痛、運動障害です。
    ただし、小脳梗塞の主原因は脳動脈解離であり、脳動脈解離が起こった場合は、突然、激しい痛みが出ます
  • 椎骨脳底動脈循環不全(一過性脳虚血発作)
    脳幹や小脳に血液を送っている動脈に、一時的に狭窄や閉塞が起こるものです。
    症状は、めまい、意識障害、四肢麻痺、眼球運動障害、運動障害などが一時的に出ます。
    脳動脈の硬化、脳梗塞の前触れのときがあります。
    ⇒脳卒中の兆しと症状
     
    首を傾けたときに椎骨脳底動脈の血流が悪くなって目眩が起きることがあります。
    このときは、病変部は頭蓋骨内では無く、頚椎にあります
  • テント下(小脳、小脳橋角部、脳幹部)の腫瘍
    めまいを発症しやすい腫瘍は頭蓋外の聴神経に出来る腫瘍で、この腫瘍が大きくなって頭蓋内の小脳橋角部に浸潤して小脳橋角部腫瘍になります。
    ⇒脳腫瘍

主に、回転性のめまいが出る病気です。
めまい、発熱、頭痛、悪心、項の硬直がある
運動障害、眼球運動障害が出ることもある
脳炎・髄膜炎の疑い

回転性のめまいが数十分〜数時間続く
吐き気、嘔吐、耳鳴り、難聴、
繰り返して起こる
メニエール病の疑い
めまいが起きたときには安静にします。
命に関わることはありません。

突然、めまいが起こり、片方の耳の難聴、耳鳴りを伴う
めまいは、数日〜数週間続き、繰り返して起きない
突発性難聴の疑い
直ぐに治療しないと耳が聞こえなくなってしまうので、難聴になった日時をメモして1時間でも早く耳鼻科に行きます

めまい、片側の顔面神経麻痺、同側の耳の難聴・耳鳴り
耳介から外耳道に湿疹が出る
Ramsay Hunt症候群の疑い
帯状疱疹ウイルスによる耳性帯状疱疹
⇒帯状疱疹

めまい、難聴、耳鳴り、真珠腫性中耳炎の既往がある
内耳炎の疑い

めまい、難聴、耳鳴り、
薬剤を服用している(抗生物質、抗結核薬、抗腫瘍薬、抗ケイレン薬)
薬剤性めまい

めまいだけで難聴や耳鳴りを伴わない(吐き気があることもある)
めまいは頭を動かすと起き、数分で治まる
良性発作性頭位めまいの疑い
⇒めまいの原因
位置を感じる耳石の位置が動いたものと考えられ、心配要らないめまいで、耳石を元の位置に戻す治療法があります。

風邪症状の後の眩暈で、難聴・耳鳴りを伴わない
数日で回復する
前庭神経炎の疑い
⇒めまいの原因

めまいは耳鳴りや難聴を伴わない
乱視や眼筋麻痺がある
眼性めまい

精神的疾患の既往があり、他の原因病変が見つからないときは、心因性のめまいの可能性があります


失神性のめまいは、下記の場合に起こります。
心臓疾患のために心臓からの血液排出量が減ったとき
⇒気管支喘息⇒肺炎⇒気胸⇒肺水腫などの疾患で、血液中の酸素濃度が低下したとき
糖尿病治療中などで低血糖になったとき
⇒過換気症候群の発作で血液中の二酸化炭素濃度が低下したとき
消化管出血で大量の出血をしたとき
癲癇発作
降圧剤や抗不整脈剤を服用しているとき
⇒起立性低血圧
その他、精神疾患の既往があるとき


スポンサーリンク


プライバシーポリシー