病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

めまいが起きる主な原因


スポンサーリンク
めまいが起きる原因には、脳神経、脳腫瘍などのような脳中枢、高血圧などの内臓器、自律神経の病気がありますが、掛かり付け医を持っていない場合には、先ず、耳鼻咽喉科で診てもらうのが基本です。
というのは、耳には平衡感覚をつかさどる「三半規管」と「耳石」があるため、耳の病気がめまいの直接的原因になりやすいためです。

三半規管は外側半規管・前半規管・後半規管の3つの管からなり、内部はリンパ液で満たされ、身体が動いたときに動くリンパ液の流れを感覚細胞が捉えて身体の動きを感じます。
外側半規管は左右の回転方向、前半規管と後半規管は上下方向の動きを感知します。

耳石は炭酸カルシウムの結晶の粒が詰まった球形嚢と、同様の粒が詰まった卵嚢の二つからなります。
そして、頭を水平にしたときには卵嚢は水平、球形嚢は垂直になっています。
頭を傾けたり、頭に加速度・遠心力・重力などの力が作用すると、嚢の中の炭酸カルシウムの小粒が動きます。
このカルシウムの小粒の動きを感知して加速度・遠心力・重力などの力を感じます。

三半規管と耳石からの信号は前庭神経を通って小脳と大脳に伝えられます。
身体の動きは視覚系(眼からも脳に伝えられ)の他、体性感覚系(身体の筋肉や関節の動き)からも伝えられます。
⇒原因が内耳(三半規管・耳石)か脳にあるかの診断法

身体の平衡は、上記3つの経路からの信号を統合処理することによって保たれていますが、めまいを引き起こすのは、三半規管・耳石と前庭信号系の異常と脳の異常です。 

強いめまいや吐き気を引き起こすのは、三半規管や耳石の異常です。
左右に回るような感じがするめまいは外側三半規管に異常があり、前後に回る感じがするときは前半規管や後半規管に異常があります。
頭の位置を変えたときに起きるめまいは耳石に異常があります。
三半規管や耳石の異常によって起きるめまいは、1回で済むこともあれば、繰り返すこともありますが、生命に関わりません。
 
原因は、内耳炎、メニエール病、良性発作性頭位めまい症、突発性難聴、薬剤の副作用による内耳障害などがあります。
メニエール病は内耳(三半規管や蝸牛)内のリンパ液が過剰になって三半規管の感覚細胞機能が乱れるもので、目ま発作は繰り返して起きます。
治療は薬物療法とストレスを少なくする生活改善になります。
(蝸牛はカタツムリの殻のような形をしていて、その中はリンパ液で満たされ、音波を脳に伝える信号に変える器官です) 

前庭神経の異常が原因で起きるめまいには、前庭神経炎、聴神経腫瘍の初期などがあります。
前庭神経炎では前触れ無く突然激しい回転性のめまいが起こり、軽い場合は数時間、重い場合は数日続き、めまい発作が治まった後も数週間から数ヶ月間、ふわふわした感じや頭重感が残ります。
このめまいは一過性で繰り返して起こりません。
風邪を引いた後に起こりやすいのでウイルスの感染が原因と言われています。 

聴神経腫瘍が原因のめまいは激しくなく、徐々に歩けないほど平衡感覚を失って行きます。
初期段階では目だった自覚症状は無く、軽い難聴や耳鳴りがある程度です。
しかし、腫瘍が大きくなって脳を圧迫するようになると命に関わるようになります。
ただし、良性腫瘍なので手術で除去すれば助かります。 

めまいの原因で一番厄介なのが脳中枢の異状によるものです。
脳中枢とは脳幹部や小脳部分で、ここに腫瘍が出来た場合には非回転性のふわふわした目まいが起き、平衡感覚を失うこともありますが、進行がゆっくりなので目まいの自覚症状があまり無い場合があります。
ただし、放置すると命に関わります。 

脳幹部や小脳部分に出血や梗塞が起きた場合には激しい回転性の目まいが起こり、出血や梗塞の部位により、嘔吐、耳鳴り、難聴、眼振、意識消失などが起きます。
もちろん、命に関わります。

高血圧や低血圧、高脂血症、糖尿病などの全身病によって一時的に脳の血流が悪くなっても目まいが起きます。

ストレスが原因による目まいもあります。
ストレスが加わると、利尿を阻害する抗利尿ホルモンが過剰に分泌され、三半規管内や蝸牛内のリンパ液が過剰になって目まいが起きると考えられています。
メニエール病もストレスと関係があると言われています。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー