病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

瞼の症状から自己診断


スポンサーリンク
目や見え方の違和感についてはこちらへ

症状1
眼に痒み、ゴロゴロ感などの違和感が無いのに、まぶたの裏側が赤い
多血症の疑い
⇒爪からの自己診断


症状2
瞼の裏側(結膜)が白い。
考えられる病
貧血・出血が起きている可能性があります。
出血の原因が明らかでない場合には、
便の色が黒っぽい、或いは血便かどうか確認する。
便が黒っぽかったり、血便(表面だけ鮮血なのは痔)の場合は、
胃炎胃潰瘍の疑いがある。


症状3
瞼が腫れた
考えられる病
下記病気はどちらも自然治癒する
ものもらい(麦粒腫)
霰粒腫(さんりゅうしゅ)
霰粒腫は瞼にソラマメ大ぐらいのしこりが出来るもので、赤っぽくならず、痛みはない


症状4
瞼が痙攣する
考えられる病
目を酷使したときに起きるが、
⇒甲状腺機能亢進症(バセドー病)の疑いもある。
甲状腺機能亢進症では興奮状態を引き起こすホルモンが過多に分泌されるために、瞼を軽く閉じたときにでも興奮して震える


症状5
瞼の浮腫みが治り難い
考えられる病
横寝起き直後は瞼が浮腫むことが多い。これは、横になっているときは頭が低くいために血液が溜まり易く、そのために脂肪組織や筋肉が少ない瞼に浮腫みが現れる。しかし、治り難い時には腎臓機能が低下しているために浮腫んでいる疑いがある。
⇒腎炎


症状6
瞼が下がる、瞼が重い、眼が開け難い
(眼瞼下垂状態)
考えられる病
瞼は眼球の上側に沿ってある上眼瞼拳筋とミューラー筋によって上に持ち上げられています。(瞼の上にある前頭筋は補助的に働く)
加齢によってこれらの筋肉が弱ると瞼が下がりやすくなります。
その他、先天性、10年以上コンタクトレンズを使用していた人に発症しやすいコンタクトレンズ性(片眼だけが多く、多くはコンタクトを止めると回復する)、手術後に発症するもの

注意が必要なのは、動眼神経麻痺(眼瞼下垂だけでなく、眼の位置がおかしくなったり、物が二重に見えたりする)、重症筋無力症、眼筋ミオパチー(筋肉の病気)、ホルネル症候群
⇒肺ガンの自己診断)です


スポンサーリンク


プライバシーポリシー