病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

浮腫みの自己診断


スポンサーリンク
症状1
瞼(まぶた)を中心に顔から浮腫み始め、全身が浮腫んできた
考えられる病
ネフローゼ症候群など腎臓病による浮腫み
腎臓は血液中から老廃物をとって水と一緒に尿として排泄しています。
腎臓の機能が低下すると、タンパク質(アルブミン)が尿中に出てしまうので逆に 水分が細胞間に溜まって浮腫みが出てきます。
⇒腎不全
⇒腎炎

症状2
足首付近から浮腫み出して全身が浮腫んできた
運動すると、動悸や息切れがする。或いは、就寝中に苦しくなる
考えられる病
心臓病
血液を全身に巡らせる機能が低下すると、血液が肺や静脈にうっ血して浮腫みになります。
⇒動悸の自己診断
⇒不整脈の自己診断


症状3
お腹が常時張って、全身が浮腫んできた
考えられる病
腹水が溜まる
肝硬変


症状4
顔が浮腫んできた(顔が腫れぼったい) 
考えられる病
甲状腺機能低下症
浮腫んだ部分を押しても痕が残らない
浮腫みは全身に広がる。
脱毛や食欲不振、認知症のような症状になることもある


症状5
顔が浮腫んできた(顔が満月のように腫れ、艶がある) 
考えられる病
クッシング症候群
副腎質ホルモンのひとつである糖質コルチコイドが過剰に増えることによって起こる。
糖質コルチコイドが増える原因は副腎内にできる線腫(稀に癌のことがある)
高血圧になる、傷が治り難い、抵抗力が落ちる、
腎結石や糖尿病になる危険性が増す
⇒腎結石
⇒糖尿病

症状6
突然、瞼が膨らみ、数分で治る 
考えられる病
血管神経性浮腫(クインケ浮腫)
血管の神経が過度に過敏になり、血管の透過性が増して起こる。
瞼の他、胃や喉の粘膜が腫れることがあり、
胃の粘膜の場合には、嘔吐、腹痛、下痢などが起きる。
喉の粘膜の場合は呼吸困難に陥ることがある


症状7
顔が浮腫み、顔色も悪い。だるい 
考えられる病
鉄欠乏性貧血が酷くなった状態
⇒貧血を予防する食品


症状8
(女性)浮腫み、朝夕で体重が数キロ変動する
考えられる病
突発性浮腫原因不明


症状9
脚の浮腫み
ふくらはぎを圧すと痛い
考えられる病
脚の静脈弁不全静脈には血液の逆流を防ぐために弁があり、この弁が正常に機能しない


スポンサーリンク


プライバシーポリシー