病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

腰痛の自己診断


スポンサーリンク
安静にしていても痛みが長期間に及ぶ場合には、腰痛が内臓疾患や癌などによって起きている事があるので要注意です
⇒腰痛を引き起こす可能性のある内臓の病気

直ぐに病院に行くかの判断
突然の激痛で立っていても寝ていても痛み、下肢のしびれ、運動麻痺、知覚障害、排尿障害がある場合には神経を傷めている可能性があるので直ぐに病院に行って下さい。
その他の場合には、少なくとも1日間は硬い布団の上に仰向けに寝て、股関節を軽く曲げ、使い捨てカイロや電気毛布などで腰部を温め、膝の下に枕などを入れて安静に過ごしてください。
痛みが治まり、熱が無ければ入浴してもかまいません。


症状1
朝起きたときに特に痛む
仰向けに寝ると痛む。疲れると痛む。屈み仕事を続けると腰が伸びなくなる。
入浴すると楽になる。
考えられる病

  • 変形性腰痛症(40,50代以降に多い)
    背骨が老化や慢性的な負荷で、脊椎の間にある椎間板の水分が少なくなり骨が変形したり、棘が出来て神経を圧迫するもの
    ⇒変形性脊椎症
     
  • 腰背部筋付着部の炎症
    老化や運動不足によって背中の筋肉(傍脊椎筋)が硬直し、筋肉が腰骨に付着する部分への負担が増して炎症を起こしたもの。 
    傍脊椎筋は背骨の左右両側にあり、首から腰に掛けてある長い筋肉で、背筋を伸ばすときに働きます。
    傍脊椎筋は肩凝りの様に凝ることが多く、凝ったときはマッサージや柔軟運動が効果的です。
    変形性腰椎症や腰背部の炎症では患部を温めると痛みが和らぎます。
    仰向けに寝て痛むときは、脚を曲げ、背中が丸くなるようにすると痛みが和らぎます

症状2
腰の痛みと、脚部のしびれ、仰向けに寝て、片足を下図のように上げると、腰や足に痛みや痺れが出る(SLR検査)
 
身体を左右どちらかに傾けると痛みや痺れが軽減する。
(痛みを緩和するために無意識の内に身体を傾けている)
場合によっては尿意や便意の感覚が鈍ったり、無くなったりすることがある。
考えられる病
椎間板ヘルニア(20代に多い)
⇒椎間板ヘルニア
腰椎の骨と骨の緩衝になっている椎間板が飛び出して神経を圧迫するもの。
腰椎は腹筋と背筋に囲まれているので、日頃から腹筋と背筋が衰えないように運動しておきます。 
足の先まで痛みや痺れが発作的に起きるときは
坐骨神経痛
⇒坐骨神経痛も考えられます。
但し、坐骨神経痛の症状が椎間板ヘルニアなどの他の病気で出る場合もあります。

症状3
腰を斜め後ろに反らしたときに痛む
背骨をさすって行くと階段状にゴツゴツする部分があることがある。
考えられる病
脊椎分離症脊椎すべり症
第5腰椎の椎弓と呼ばれる部分が前方に滑ったり、椎弓がひび割れて前方に滑ったものです。
腰を温め、長時間同じ姿勢で居ることを避けると痛みが和らぎます。
痛みがあるときは中腰での作業は厳禁です。
腰痛の治療で行う牽引は腰椎分離症を悪化させることがあります。


症状4
重い物を持ったりしたとき、或いは何気ない動作で、突然、腰に激痛が走る。
考えられる病
急性腰椎症(腰椎捻挫・ぎっくり腰)
⇒ぎっくり腰の自宅療法
寝返りや歩くことも出来ないほど痛むことが多いですが、 安静にしていれば、普通は2,3日で痛みは和らぎます。
無理して病院に行こうとせずに、硬い布団に仰向けに寝て腰部を温める自宅療養が早期回復に繋がります。
ぎっくり腰の原因には、若年層では、腰椎の捻挫や

⇒椎間板ヘルニア
高齢層では、素の他に、脊椎の圧迫骨折、骨粗しょう症や
⇒変形性脊椎症が考えられます、


症状5
階段や坂を下りるときに痛みや痺れ感が強くなる
前屈みになっていると痛みや痺れ感が和らぐ
考えられる病
⇒腰部脊柱管狭窄症
腰から足の指先まで痺れや痛みが出るときがあります。


症状6
農作業やデスクワークなどで長時間同じ姿勢で居た後に、椅子から立とうとして前屈みにしたときに痛む。
身体を後ろに反らそうとすることが出来ない、または痛む。 
考えられる病
⇒疲労性腰痛
腰部筋肉の緊張が長時間続いた為に、筋肉内の血行が悪くなって起こります


スポンサーリンク


プライバシーポリシー