病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

疲労性腰痛の緩和療法


スポンサーリンク
腰部の筋肉が長時間緊張するために筋肉内の血行が悪くなって起こります。 

身体を伸ばしたときに腰が痛む場合(伸展性腰痛)
原因
股関節の伸びが制限されてしまい、それを補うために前に湾曲している腰椎に負担が掛かり起きます。
長時間椅子に腰掛けていた後に立ち上がると痛む場合は、股関節前面の筋肉(腸腰筋、大腿筋膜張筋)が伸びなくなるために起こります。

予防法・痛みの緩和法
腰椎への負担を減らすには腹筋を使って、骨盤を後ろに傾ける必要があります。

腹筋を強化して前に湾曲している腰椎への負担を減らし、股関節の前の筋肉をストレッチします。
また、股関節や胸椎を反らせやすくするために殿筋や背筋を強化します。
痛みが無いときに下図のようなストレッチをすると効果があります。


身体を前に曲げたときに腰が痛む場合(屈曲性腰痛)
野球で投球をしたとき、靴を履こうとしたときなどに痛みが出ます。

原因
股関節を動かさないでいると大殿筋や太腿の裏のハムストリングが硬直し、身体を前屈させたときに股関節が十分に動かず、骨盤を十分に前に傾けることが出来なくなります。
これを補うために背筋を引き伸ばすために痛みが起きます。

予防法・痛みの緩和法
股関節の後ろの筋肉(大殿筋)の硬化によって起こる
ハムストリング(太腿の裏)や大殿筋をストレッチする


座っているだけで痛みが出る・腰が重く感じる
動いている方が楽になる

原因
腰椎には常に力が加わっていますが、胸部を張っているときには腰椎の前に湾曲している部分に負担が掛かっています。
前屈みになっているときには腰部の筋肉や腰椎の後ろの靭帯が引き伸ばされています

上半身の重さが骨盤の中心に掛からずに左右いずれかにずれていると、背筋や腰部の筋肉が不均等に緊張しています。
椅子やソファに腰掛けているときに足を組む癖のある人は重心が骨盤の中心からずれている可能性があります。
右脚を左脚の上に載せる人は脊椎が右にカーブ、左脚を右脚の上に載せる人は脊椎が左にカーブしている可能性があります。


スポンサーリンク



プライバシーポリシー