病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
紫斑病とは
皮下出血が多発することによって、皮膚に紫色の斑点が出来る病気です。
健常人でも強打すると皮下の毛細血管が傷んで出血して皮膚の色が変わりますが、紫斑病の場合には軽く打っただけ、或いは自分では気づかない内に皮下出血して紫斑が出来ます。
物に触れる部分の皮膚に出来やすいですが、日焼けしないような部分にしばしば現れる場合には病的な可能性が高いので医師の診断を仰ぐ必要があります。

紫斑の大きさは針で突付いたぐらいなものから手のひら大より大きいぐらいまで様々です。
色は初めは赤味を帯び、次第に紫色に変わり、2,3日後には茶色・黄色になって消えます。
これは、血管から漏れ出て邪魔物となってしまった血液が壊れて或いは壊されて、吸収されていく様です。

紫斑病の原因
血管に原因あるもの
(血管が傷みやすくて出血しやすい)

  • アレルギー性紫斑病(アナフィラクトイド紫斑病、血管性紫斑病)
    小児の場合には腹痛や関節痛を伴って突然発症します。
    しかし、治療しやすいものです。
  • リウマチや中毒によるもの
  • 老人性紫斑病(血管組織の脆弱化)
  • 病原性微生物によるもの
    敗血症や流行性脳脊髄炎など重篤になる感染症が原因になります。
  • ビタミンC欠乏症によるもの
    ビタミンCは血管内皮の結合力を強める働きがあります。
  • 遺伝性のもの
    外力が加わった部分に直径2,3cmの紫斑が出来るもので、若い女性に多いものですが、
    母親も若い頃に出来やすかったなら遺伝性で心配要りません。

血液に原因があるもの
(出血した血が止まり難い)

  • 血小板減少性紫斑病
    原因不明の突発性血小板減少性紫斑病と呼ばれるものが最も多いものです。
    その他、
    ⇒白血病
    再生不良性貧血
    ⇒全身性エリテマトーデス
    薬剤、放射線などで血小板が減少して起こります。
  • 血液凝固因子減少性紫斑病
    肝臓病が重篤に成ったときなど

紫斑病の治療法

  • 血管に原因がある場合には、ビタミンC,ビタミンK、カルシウム、アドレノクロームの内服および注射をします。 
  • 血液に原因がある場合には、血小板輸血や副腎皮質ステロイドを使用します  

紫斑病の治療に使われる漢方薬
排膿散(はいのうさん)、温清飲(うんせいいん)
黄連解毒湯(おうれんげどくとう) きゅうききようがいとう


スポンサーリンク


プライバシーポリシー