病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
皮膚の異状による自己診断(痒みや痛みがある)
皮膚のしこり 発赤、痛み、腫れている中央から膿が出る
⇒粉瘤

蚊に刺されてから、3日〜7日後(長くて14日)に、胴から手足や顔面に発疹が現れ、発熱、頭痛が起きたときには、デング熱の疑いがあります。ダニの刺し口痕がある場合は、ツツガムシ病(風土病のひとつ)の疑いがあります。
⇒発熱から病気の自己診断


症状1
身体の片側に水泡や紅斑が出来、激しく痛む
考えられる病
帯状疱疹
加齢などで体力が落ちたときにウイルスによって起こります。
肋間神経・腰神経・顔にある三叉神経・坐骨神経などの神経の通り道にそって症状が出る。


症状2
両頬から鼻にかけて蝶が羽を広げたように紅くなった。
考えられる病
膠原病の一種のエリテマトーデス(紅斑性狼瘡)
⇒膠原病の自己診断参照
20から40歳ぐらいの女性に多い、発熱・関節痛などと共に出る


症状3
脚(足)に点状の出血斑が出て、手足の関節が痛む
考えられる病
リウマチ性紫斑
胃腸管出血を伴って吐血や下血することがある
⇒リウマチ熱


症状4
唇や口の周りの粘膜に水泡が出来てヒリヒリ痛む
考えられる病
単純性ヘルペス(特に口の周りに出来たものは口唇性ヘルペス
感染することがある。

症状5 
下半身に大きいときは鶏卵ぐらいの赤く腫れ、触ると痛む「しこり」が出来、時には歩けないほど痛い
考えられる病
結節性紅斑
しこりが出来る前に発熱・関節痛があることがある。
通常、2週間程度で治る。
硬いしこりの場合には、
バザン硬結性紅斑 治癒には数ヶ月かかる


症状6 
全身の皮膚に大小の水ぶくれが出来て痒い
考えられる病
自己免疫疾患と考えられ、水疱性類天疱瘡、表皮水疱症、ジューリング疱疹状皮膚炎


症状7
小さな水疱が頭から全身に広がって非常に痒い。
考えられる病
水疱症(水ぼうそう)
水疱・帯状疱疹ウイルスによる。
子供の場合は合併症が起きなければ心配ないが、免疫の無い大人の場合は高熱が出ることがある。


症状8
夏・幼児に多い
水ぶくれ、破れた水ぶくれ、かさぶたになったものなどが混在して身体中に移る。
考えられる病
とびひ(伝染性膿痂疹)


スポンサーリンク


プライバシーポリシー