病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

ホーム栄養素早分かり

セレン クロム

セレン(Se)
主に肝臓や腎臓に存在します。

機能
活性酸素によって出来る細胞膜の過酸化脂質を分解します。
ビタミンEの働きを助けます。
免疫力を高めます。
有害物質と結びついて無毒化します。

性質:
吸収率が90%と高く、摂取しただけ吸収されます。

不足による障害
土壌にセレンが含まれているので通常の食事では不足しませんが、セレンが少ない土壌で作られた野菜穀物、それを飼料にした家畜などを食べていると不足します。
不足すると、動脈硬化や各部の老化します。

過剰摂取による障害
急性的には吐き気・悪心
慢性的には疲労感、脱毛、爪の変形

摂取量の目安
成人男性:30μg
成人女性:25μg
子供:20μg
最大摂取量は400μg

多く含まれている食物
ワカサギ、イワシ、ネギ


クロム(Cr)
機能:
糖質・脂質の代謝に関与し、また、インスリンと結合して、血糖値を調節(糖尿病を予防)します。

不足による障害
通常の食事を摂っていれば不足しませんが、不足すると糖尿病、体重減少、末梢神経障害、角膜障害を起こす恐れがあります。

過剰摂取による障害
クロムの吸収率は低いので食事で摂っている限り過剰にはなりません。
過剰になると、頭痛、不眠、嘔吐、腎障害を起こすことがあります。

摂取量の目安
成人男性:40μg
成人女性:30μg

多く含まれているもの
アサリ、ヒジキ、牛肉、大豆


スポンサーリンク



プライバシーポリシー