病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

ホーム栄養素早分かり

マンガン ヨウ素

マンガン(Mn)
機能
補酵素として他のミネラルと共に働いて骨や関節を強化する結合組織を合成します。
糖質・脂質・タンパク質の代謝に働く酵素の成分で、エネルギーの産生にも寄与します。
活性酸素を分解するスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の成分です。
スーパーオキシドジスムターゼは細胞膜の酸化を防ぎます。
また、神経細胞の刺激伝達に関与しています。

不足による障害
通常の食事を摂っていれば不足しませんが、不足すると、骨の成長障害、平衡感覚不全、紅斑病、血糖値の上昇を招きます。

過剰摂取による障害
通常の食事で摂りすぎることはありませんが、過剰になると、神経障害、パーキンソン病、血中コレステロールの上昇を招きます。

摂取量の目安
成人男性:4mg、成人女性:4mg、子供:3mg
最大摂取量は10mg

マンガンが多く含まれている食物
いたや貝70グラムに含まれているマンガン量:3.43mg
干しずいき10グラムに含まれるマンガン量:2.5mg
ライ麦全粒粉100グラムに含まれるマンガン量:2.15mg
栗50グラムに含まれるマンガン量:1.64mg
ヘーゼルナッツ40グラムに含まれるマンガン量:1.57mg
玄米ご飯120グラムに含まれるマンガン量:1.25mg
干し柿70グラムに含まれるマンガン量:1.04mg


ヨウ素(I)別名ヨード
機能:
甲状腺ホルモン(トリヨードチロニンとチロキシン)の合成に必要です。
甲状腺ホルモンは交感神経を刺激してタンパク質・脂質・糖質を代謝します。
高血圧・動脈硬化の予防します。
また、環境が放射能汚染された場合にはヨードを服用することによって甲状腺癌になるおそれを少なくできます。

不足による障害
海産物の他はあまり含まれていないので、魚や海藻などが嫌いな人は不足がちになります。
不足すると、甲状腺の機能低下が起こります。
甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは各組織のエネルギー利用を促進するので、心臓などの各臓器や神経などの働きが低下します。

過剰摂取による障害
過剰摂取は甲状腺ホルモンの生成を妨げ、甲状腺腫を引き起こします。
昆布などを多量に食べると、過剰になります。
甲状腺腫は良性と悪性(癌)があり、過剰摂取による場合は良性が多いようですが。

⇒甲状腺癌

摂取量の目安
成人男性:150μg、成人女性:150μg、子供:120μg
最大摂取量は3000μg

ヨウ素が多く含まれているもの
海藻、魚などの海産物には多く含まれていますが、他には多く含まれていません。
昆布4cm角1グラムに含まれるヨウ素量:1590μg
乾燥ワカメ5グラムに含まれるヨウ素量:380μg
鰯1尾80グラムに含まれるヨウ素量:250μg
サバ(鯖)80グラムに含まれるヨウ素量:200μg
焼き海苔1枚3グラムに含まれるヨウ素量:180μg
など、最大摂取量まで簡単にヨウ素をとれるのは昆布ですが、昆布の産地では食べ過ぎて甲状腺腫の発症が多く問題になったそうです。
昆布を食べ過ぎないように


スポンサーリンク



プライバシーポリシー