病状を改善する栄養素美味しい調理のコツゴルフのルール種子からの盆栽入門
身近な薬用植物気になる病気の自己診断自然誌自由研究

ホーム未病を治す

咳や痰を鎮める


咳は気管支に異物があるときに肺からの空気で吹き飛ばすものです。
痰は気管支粘膜でとらえた細菌やウイルスを外に出すものです。
空気中には細菌やウイルスがたくさん存在するので、痰は健常人でも毎日出ていて、意識しない内に食道から胃に捨てられています。
痰に血が混じっていたり、褐色や緑色の痰が出るときは、気管支や肺の病気が疑われるので医師の診察を仰がなければいけませんが、 埃っぽい職場や風邪などで咳や痰が出るときは、粘膜を潤すもの、殺菌作用のあるもの、鎮静作用のあるもので症状を和らげることが出来ます。

  • 蕪のおろし汁(ビタミンCが粘膜を丈夫にする)
    大根おろしを作る要領で、カブ(蕪)を皮ごとおろし、ガーゼなどで包んで濾し、その絞り汁を大さじ3杯と氷砂糖1個を湯飲みに入れて、50ccの熱湯を注いで飲みます 
  • 大根飴(ビタミンCが粘膜を丈夫にする)
    皮付きの大根200グラムを1cm角ほどに刻み、ガラス製の広口瓶に入れ、大根が浸るぐらいまで蜂蜜を入れます。
    これを、冷暗所に2日ほど置くと、透明な層が出来るので、この透明液をスプーン1杯ぐらい飲みます。 
  • アロエ飴
    アロエの葉5枚、とげを除き、大根おろしの様におろしてガーゼで濾す。
    この絞り汁に水飴200mlを加えて弱火でとろみが出るまで煮詰めます。
    これを小さじ1杯ぐらい飲みます。
    気管支炎が原因の粘り気のある痰に効果があります。 
  • 長ネギ
    長ネギ7本ぐらいの白い部分を細かく刻み、蜂蜜60グラム、水100ccと一緒に、とろみが出るまで煮詰めます。
    これを1日量として2回に分けて飲みます。
    肺などの粘膜を丈夫にする作用があり、風邪が原因の咳に効きます。 
  • 紫蘇のお茶
    陰干しにして乾燥させた青紫蘇の葉2枚を細かくして湯飲みに入れ、熱湯を注いで飲む。
    紫蘇には殺菌と鎮静作用があり、風邪が原因の咳に効きます。

スポンサーリンク



プライバシーポリシー