病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム ⇒  気になる病気の自己診断
指の関節が痛む病気


症状1
指の第一関節が腫れて痛む、乾いた薄皮が出来て剥ける。
考えられる病
乾癬
患者数は少ない
乾癬は目と唇の他は全身に起きる。
他人に伝染する病気では無い。
命に関わる病気では無いが、遺伝的なものなので治り難い。
環境変化・ストレスなどが発症の原因と考えられている。

症状2
40代、50代女性、特に更年期以降。
指の第一関節が腫れて痛む。
第一関節部分に水脹れ状のものが出来ることがある。
両手の指に起こることが多いが、片手の指1本だけに起きることもある。
祖母、母に似た症状が出たことがある(体質に関係する)。
指を過度に使った後や突き指をした後に起きた。
考えられる病
ヘバーデン結節(変形性関節炎の一つ)
素因のある人が指を使いすぎると発症するらしい。
指の腫れ、痛みの場合は、リュウマチよりヘバーデン結節が多い。
軟骨や関節部分の骨が増殖して瘤状になる。
投薬などで病気が進まないようにする保存療法が主。
症状が軽いときは、25mm幅の市販のテーピング用テープを患部に巻いて指を安静にする。
ただし、強くテーピングしないように


症状3
指の第二関節が腫れて痛む。
考えられる病
ブシャール結節(変形性関節炎の一つ)
軟骨や関節部分の骨が増殖して瘤状になる。
治療法は、ヘバーデン結節と同じ


症状4
指の第2関節、第3関節が腫れて痛む
考えられる病
膠原病(関節リュウマチ)
⇒膠原病
リュウマチの場合の症状は両手の指に対称的に出ることが多い


スポンサーリンク



プライバシーポリシー