病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム ⇒  気になる病気の自己診断
舌の異常による自己診断

舌の表面の色
  • 舌の奥(つけ根付近)が白っぽい黄色になる(舌苔)
    ⇒健常人でもなることがある
    特に喫煙者や口を開けて呼吸する癖のある人がなりやすいが、この場合は色が変わるのは舌の奥に限られる 
  • 舌の表面が白っぽく見える
    数日以上続くようなら下記の疑いもある。
    ⇒口腔内に出来た
    ガンジダ症(ガンジダ菌は何処にでも棲息し、免疫力があるときは症状を現さないが、ビタミン欠乏症などで免疫力が低下すると発症する) 
  • 舌がザラザラ、或いはスベスベして赤っぽい、唇端が荒れる
    ⇒ビタミンB12不足による
    舌炎の疑い  
  • 舌の奥より先の方が黒褐色になる
    ⇒慢性胃炎や胃神経症などの
    消化器系疾患の疑い 
  • 舌の表面が黒や黄褐色になる
    ⇒抗生物質入りのトローチを服用しているとき、鉛中毒のとき 
  • 急性の伝染病(インフルエンザなど)でも舌の表面が汚い色になることがある

舌の異常全般

  • 症状1
    舌の表面に白い斑点が出来る
    ⇒口内炎が舌に出来た疑い 
  • 症状2
    舌の表面が赤くなって、ぶつぶつが出来る(イチゴ舌)
    溶連菌感染症(猩紅熱)による。
    猩紅熱は幼児に多い発疹性伝染病。発熱や四肢痛、顔の紅潮、
    皮膚に小さな丘上の発疹が出来る 
  • 症状3
    舌に暗紅色の斑点やスジが左右対称に現れ、舌が痛い
    メルレル舌炎の疑い
    中年女性に多い。貧血、消化器系疾患、ホルモンの変調で起こる 
  • 症状4
    舌に真珠色の白斑が現れ、古くなるとひび割れることがある
    慢性表在舌炎(舌白斑)の疑い 舌癌に移行することがある
    舌癌は患部が硬い
    食べるときに異変を感じる癌
  • 症状5
    舌が荒れる
    慢性胃炎や十二指腸潰瘍などの消化器系疾患風邪インフルエンザなど
    ビタミンCの欠乏による
    また、パイナップルなどの食物や煙草で荒れることがある。
  • 症状6
    舌が痛い

    ○舌を噛んでしまったり、虫歯によって欠けた歯が当たった、義歯の不具合による
    外傷性舌炎症 化膿すると、患部が腫れたり熱を持つ。顎下のリンパ節が腫れることもある
    ○外傷になる原因がなく、舌の両側、顎の下付近が腫れて痛む
    唾石症の疑い。唾液を出す管の中に結石が出来たもの 
  • 症状7
    痛みは無く、舌のつけ根が腫れ、舌を上げると動かせないとき
    ⇒「
    がま腫症」の疑い。
    唾液を出す腺の一つである舌下線の出口が塞がって唾液がたまって青紫色の袋状になるもの。
    悪性では無く、自然に袋が破れて治癒することがあるが、再発しやすい。口腔内外科などで袋状になったものを切開してもらう 

  • 症状8
    舌を出したときに舌先が左右どちらかに曲がり、味覚障害がある
    ⇒何度やっても舌先が左右どちらかに曲がってしまうときには
    舌神経が麻痺している疑いがある。
    この場合には味覚障害が伴うことがあり、 例えば甘さが判らないとか一部の味だけ障害が起きる(老化による味覚障害では全体的に味覚機能が低下する)

    スポンサーリンク


    プライバシーポリシー