病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
痺れ・痛み・感覚麻痺を起こす病気1
多発性神経炎
手や足の指の感覚が鈍る,、痺れる。
手や足の指の痺れが腕や大腿部にまで広がる。

発病原因

  • 不明が多い
  • ダイエット中、或いは栄養不足
  • シンナーやトリクロルエチレンなどの有機溶剤や、重金属を吸引した
  • 関節リュウマチ・全身性エリテマトーデスなどの膠原病や自己免疫疾患
  • 遺伝や先天性
  • 糖尿病 ⇒多発性単神経炎
  • ウイルス感染

治療法
ダイエットや栄養不足による多発性神経炎は末梢神経に栄養が行き渡らなくなって起きます。
ですから、ビタミンB1、神経の再生を促すビタミンB12のサプリメントを服用し、B1,B12を多く含む物を食べます。
末梢神経は1日あたり0.3から1mm程度成長します。
末梢神経が成長するときにピリピリ感が表れることがあります。
原因が不明な痺れ感も同様に、B1やB12を摂取します。
原因が判らない痺れは治る可能性が高いと言われています。

原因が判っているときにはその病気の治療に努めますが、多くの場合は神経の軸が傷んでいるので神経の再生は望めず、痺れを緩和する対処療法になります。


糖尿病による多発性単神経炎
小さな部位の痺れが多く表れ、結果的に手や足全体痺れるように感じます。
但し、痺れ具合が部位によって異なります。 
⇒糖尿病になると、血管が傷むために抹消の神経に栄養が行き渡り難くなるために神経が壊れやすくなって、痺れ症状が表れます。
多くの場合、神経の軸まで傷んでいるので神経の再生は期待できず、また、血管が傷んでいるので栄養を摂っても神経の末端にまで栄養が行きづらいので神経の再生は難しいです。
糖尿病の悪化を防ぎながら、ビタミンB1やB12を摂取して神経の再生に努め、痺れを緩和する対処療法をします。


結節性動脈周囲炎
動脈付近に腫れやしこりがあって痺れます。
病変は集合せずに疎らに表れます。
自己免疫疾患によって動脈に結節が出来るために血液の流れが悪くなるために抹消の神経が傷んで痺れます


ヘルペスの後遺症
顔面・頭部や頚部、背中、前胸が痺れるが下肢は痺れない
幼い時に感染した水疱瘡のウイルスが免疫が乱れたときに現れて発疹をつくります。
このとき、末梢神経を破壊し、発疹が治ったときに神経は再生されますが、再生が元通りにならずに痛みがある、感覚が鈍くなる、痺れ感などとして残ります。
後遺症を防ぐためには抗ウイルス剤やビタミン12を服用します。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー