病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
静脈炎(静脈血栓)・静脈瘤
静脈炎(静脈血栓)
静脈の炎症や血の塊が静脈を塞いで血液の流れを悪くするもの

身体の深部にあるある程度大きな静脈に血栓が出来た場合には、血管を塞いでいた血の塊が流れて肺塞栓を合併することがあるので要注意

静脈炎の症状
発熱や痛みが出ることがある

  • 皮膚の表面近くの静脈に出来た場合の症状
    赤く隆起した筋状のものが出来る。
    炎症は1〜3週間ぐらいで治るが、筋状のものが消えるには時間が掛かる 
  • ふくらはぎの静脈に出来た場合の症状
    ふくらはぎが傷み、浮腫みが出ることがある
    (外傷、手術の後で発病することが多い) 
  • 腸骨、大腿静脈に出来た閉塞の症状
    突然、左大腿とそのつけ根(鼠径部)が痛み出す。
    脚全体が腫れ、皮膚は暗赤色、皮下静脈は太くなる。
    発熱することがある。
    痛みは約1週間で無くなる
    *腸骨は腰椎の下端にある仙骨の両側にある 
  • 脇の下や鎖骨の静脈に血栓が出来た場合の症状
    上枝に、腸骨、大腿静脈に出来た閉塞の場合の症状と同じように出る

静脈炎症の治療法
抗炎症剤、血がかたまらないようにする抗擬血剤、血栓を溶かす線溶酵素剤などを用いる
患部を温めると痛みがやわらぐ(冷やしてはダメ)
腸骨、大腿静脈に出来た閉塞の場合は、
寝るときは脚の下に枕などを置き、脚を30度ぐらい上げて寝ること。

腸骨、大腿静脈に出来た閉塞の場合には、静脈瘤、浮腫み、潰瘍、皮膚炎などの後遺症があるので、治った後も数ヶ月は養生すること 


静脈瘤
静脈が拡張し、蛇行した状態。
静脈瘤は、食道や精索にも出来るが、普通は下肢に出来たものを言う。
 
食道静脈瘤
皮下の静脈血管を流れる血液が深部の静脈血管に戻るときに血管内の弁が何らかの原因で、うまく機能せずに、皮下を流れる静脈血が深部に戻り難くなるのが原因。
先天的に静脈血管が弱い、ホルモンバランス、長時間の立ち仕事などの理由が考えられているが、確かな原因は不明

静脈瘤の症状

  • 立っている時に、ふくらはぎや膝の後ろに静脈が隆起して見えることがあるが、横になると消える。
    ただし、外から見えないものもあり、外から見えることと重症度は関係ない。 
  • 脚の鈍痛、腫れ、疲れを感じることがある  
  • 静脈炎を起こして発熱や痛みを感じることがある

静脈瘤の治療法
対処療法で無事過ごせる人も多いが、悪化することもあるので要注意

  • 立ち仕事によって静脈瘤が起きたと考えられる場合は、毎朝10cm幅程度の弾性包帯を足の指の付け根から膝まで軽く締める感じで巻き、寝るときは取り外す。
    或いは医療用の弾性ストッキングを履く(薬局などで購入) 
  • 午後や夕方は、足を心臓より高い位置に上げて休憩する
  • 静脈瘤に効く漢方薬
    桂枝伏苓丸(けいしぶくりょうがん) 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
    苓姜承気湯(とうかくじょうきとう) 苓姜朮湯(りょうきょうじゅつとう)
    麻杏よく甘湯(まきょうよくかんとう)

    スポンサーリンク


    プライバシーポリシー