病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
胃ポリープ・胃下垂・胃アトニー
胃ポリープ
胃ポリープとは胃の上皮(粘膜)に出来た隆起で、その多くは良性腫瘍です。
ポリープの形は、茎のあるキノコ状、ボールをつけたような球状、台形の様に上が平らな平盤上、山の様な山型状があります。
*胃癌の早期状態と疑われるのは、平盤上で表面に凸凹が見られるものです

胃ポリープの症状
多くの場合、無症状です。
ポリープが崩れて出血することがありますが、大量に出血することは稀です。
しかし、胃ポリープは
萎縮性胃炎を併発するために腹部の不快感を訴えることがあります。


胃下垂
胃の下部が左右の骨盤の上縁を結んだ線(ヤコピー線)より下がった状態です。
胃下垂そのものは病気ではありません。


胃アトニー
胃下垂の人に多い病気で、胃の筋肉の緊張が低下し、食物の消化や腸へ送り出すための胃のぜん動運動が不活発になってしまったものです。
胃アトニーは深刻な病気ではありません。

胃アトニーになりやすい体質
痩せていて、腹部の筋肉が弱い人

胃アトニーの症状
上腹部がもたれる。食後に胃がもたれる。
ゲップやむかつきがあることがあるが、嘔吐はあまりない。
便秘がちになる。
胃アトニーが重くなると、頭痛や目眩がすることがある。
やせていて腹部の筋肉が弱い人は食後に外から胃の膨らみが判ることがある。

胃アトニーの治療法
胃のぜん動運動を活発にする薬剤や消化剤を服用する。
便秘薬(緩下剤)は余り服用しないようにする。

1日の食事量を標準より増やし、1回の食事量を減らして、日に5,6回に分けて食べる。
消化のよいタンパク質(豆腐など)を多めに摂る。
水分の摂取量を少なくする。
アルコール類は控える。
胃にもたれるような脂っこいものは避ける。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー