気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

自由研究  ⇒ 宇宙

皆既月食中にオリオン座を撮る

2011年12月10日皆既月食を撮っていると、月が本影に覆われて暗くなっていくに連れて、月の南に、今まで気づかなかったオリオン座が姿を現してきました。
そこで、皆既月食と誰でも知っているオリオン座を一画面に収められたら・・・
と思って、月を撮っていた望遠レンズからF1.4 f50mmのレンズに替えました。

ところが、星野写真を撮るときには感じることですが、一眼レフカメラのファインダーは暗くて星が見えません。
辛うじて、爆発が迫っているというペテルギウス(0.6等)が見えるぐらいです。
その上、撮像素子の小さいデジタル一眼カメラでは35mmフルサイズと異なって、f50mmがf75mmの準望遠になってしまうので画角が狭まり、オリオン座と皆既月食を一枚の画面に収めることは出来ませんでした。

写真は、ニコンD40+NIKKOR−S Auto F1.4 f50mmで皆既月食中にオリオン座を撮ったものです。
撮影地は光害が酷い住宅街です。


F1.4 露出5秒 ISO1600 三脚に固定
2011/12/10 23:15

F2.0 露出4秒 ISO1600 三脚に固定
2011/12/10 23:15

絞り開放より1段絞った方が良いですね。
一段絞ったら露出を2倍にしなければならないのですが、露出10秒を撮り忘れました・・・


スポンサーリンク





プライバシーポリシー