気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 宇宙
恒星の最期

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

お星様は、というとロマンチックですが、夜空に瞬く星にも最期のときが来ます。
太陽も同じですが、恒星は水素やヘリウムを核融合したときに出る膨大なエネルギーを宇宙空間に放っています。

そして、水素やヘリウムといった、比較的簡単に核融合を起こす物質が無くなってしまうと、恒星の大きさ(質量)によって幾つかの道を辿ります。
質量の小さな星は自分自身の重力によって縮み、大きさは小さいですが質量の大きい星になります。この星は表面温度が高いので白く見えます。
この星を「白色矮星」と呼びます。

次に大きな星はやはり縮みますが、縮むときに大きなエネルギーが出るのでそのエネルギーが炭素ぐらいまでの物質を核融合してしまいます。
そして、最期は爆発して姿形が消えてしまいます。
これを「超新星爆発」と言います。

更に大きな星は縮むときに出るエネルギーが膨大なため、最も安定している鉄まで核融合に使ってしまい、超新星爆発を起こした後に、原子核の周りを回っている電子が原子核の中に押し込められ、原子核の中にある陽子と電気的に反応して中性になってしまいます。これを「中性子星」と言います。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー