気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム(連絡先) ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 宇宙

二十四節気とは

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

自然の季節に合い、何年経っても変わらない基準は何か?
一年中で昼夜の長さの等しい日(春分、秋分)、
一年中で日照時間の長い日(夏至)
一年中で日照時間がもっとも短い日(冬至)

である。
こうした気候に合わせて暦日を区切ったのが二十四節気である。
 太陰暦による 
立春
りっしゅん
2月4日頃年の初め・・・・・
この頃が気温がもっとも低く、これから気温が上がり始め、
草木の芽が息吹始める頃
雨水
うすい
2月19日頃雪や氷が溶け始め、
雨が降るようになる頃
啓蟄
けいちつ
3月6日頃冬眠していた虫が地上に這い出して来る頃
春分
しゅんぶん
3月21日頃春を真ん中で前後二つに分ける時点という意味で、
昼夜の長さが同じになり、この日から昼が長くなる
清明
せいめい
4月5日頃さっぱりとして明るくなる頃
穀雨
こくう
4月20日頃穀物に必要な雨が降る頃
立夏
りっか
5月6日頃「夏」という漢字は、草木が生長していく時期という意味がある。
暦の上では夏に入る
小満
しょうまん
5月21日頃麦が穂をつけて、少し満足できる頃
芒種
ぼうしゅ
6月6日頃「のぎ」のある作物を植える時期、田植えを始める頃
この日から5日後が入梅
夏至
げし
6月21日頃昼はもっとも長い
気温的にはこれから暑くなる
小暑
しょうしょ
7月7日頃少し暑くなる頃
大暑
たいしょ
7月23日頃大いに暑くなる頃
立秋
りっしゅう
8月8日頃「秋」という漢字は、実った作物を収穫し、
太陽と光に当てて乾かすという意味があるという。
処暑
しょしょ
8月23日頃「処」という漢字は「とどまる」という意味があり、
暑さが一段落して落ち着いてくるという意味
白露
はくろ
9月8日頃白い露が葉の上に見え出す頃
秋分
しゅうぶん
9月23日頃春分と同じく、秋を前後に二分する時点。
この日より、夜が長くなる。
太陽が真東から真西に沈む
寒露
かんろ
10月8日頃寒気で露が凍る頃
霜降
そうこう
10月23日頃霜が降り始める頃
立冬
りっとう
11月7日頃「冬」という漢字は、
収穫物をぶら下げた形と氷をかたちどった文字で、
収穫物をつるして太陽に当て、保存用として貯え、
充実した時期を表すという。
小雪
しょうせつ
11月22日頃雪がちらちらし始める時期
大雪
だいせつ
12月7日頃大いに雪が降り始める頃
冬至
とうじ
12月22日頃昼の時間が一番短い日
この日から昼の時間が増え始め
「畳の目だけ陽が伸びる」と言われる。
小寒
しょうかん
1月5日頃「寒の入り」とも言う
大寒
だいかん
1月20日頃大いに寒い時期

スポンサーリンク



プライバシーポリシー