気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

自由研究  ⇒ 宇宙

天体写真の準備

デジタルカメラで星座や月、惑星などの写真を撮る場合も下記事項を参考にしてください。
天体写真に使うデジタルカメラも一眼レフタイプでレンズの口径が大きいもの、F値(焦点距離÷口径)が大きいもの、レンズの口径の大きいもの、シャッターが長く開けられているものが適しています。
また、デジタルカメラの良いところは撮影した画像のノイズをパソコンで軽減できることです。
画像処理用ソフト(天体写真用の画像処理ソフトもあります)も工夫してみてください。
それから、天体写真専門のデジタルカメラはCCD部分(光を電気に変換する画像素子)を液体窒素などで冷却しています。
これは温度が高いと原子の運動が激しくなり、電気信号が妨害されるので冷却して電気信号の流れを良くする為です。

星座を撮るだけなら、20秒ぐらいシャッターを開けていられるカメラと三脚とレリーズがあればよいです。

カメラについて
一番良いのは一眼レフと言われるカメラです。
レンズ交換が出来るカメラで、ファインダーから見える像がそのまま撮れます。
コンパクトカメラでも、シャッターが開けたままに出来るものなら使えます。
シャッタースピードを調節するところに、B(バルブ)あるいは T(タイム)というマークがあります。
無くても数十秒間開けられると説明書にあるものなら構いません。
一眼レフでもコンパクトカメラでも、出来れば多重露出(フィルムを巻き上げずに何度でもシャッターが切れる)が出来る物なら、なお良いです。
フィルムカメラなら、天体写真に関しては、20年前のカメラでも立派に使え、かえって良いくらいです。

レリーズについて
レリーズとは、カメラに直接触れずにシャッターを切る付属品(別売り)です。
古いカメラには、シャッターボタンの位置に取り付けられるようになっていましたが、今のカメラには付けられないものが多いようです。
コの字型の物でカメラを挟んでシャッターボタンをレリーズで押せるようにした物が天体望遠鏡メーカーで売られています。
有線や無線リモコンで、シャッターの開閉が出来るカメラなら、レリーズよりお勧めです。
要は、カメラに振動を与えずに、シャッターの開閉が出来ればよいのですから、30秒以内ぐらいでしたらセルフタイマーでシャッターを切ることが出来ます。

三脚について
三脚は、カメラを固定するために使います。
丈夫で、重い物が良いですが、安定の良くないものでしたら、なるべく伸ばさないで使ってください。

フィルムについて
普通(一般撮影用)のカラーフィルムで構いません。
感度も、ASA100、ASA200、ASA400、ASA800 
というのが普通に市販されていますが、入手しやすいもので良いです。
手持ちのカメラにフィルムが残っていたら、それを使って撮ってみてください。
天体写真用にまるまる1本使って、全て失敗していたら悲惨です。
デジタルカメラでは感度を上げられるものがありますが、感度を上げれば画質が悪くなりますので、月など明るい天体に対しては無闇に感度を上げないでください。

(1)星座を撮る
大した準備もなく撮れるのは、星座です。 
カメラを三脚につけ、撮りたい星座に向けます。
このとき、星は暗いので、ファインダーを覗いて方向を決めるのは難しいかもしれません。
枠ファインダー(自作する)と言われる物をカメラまたは三脚に付けると便利です。
これは、下図左のような物で、フラッシュ内蔵カメラがなかった時代には、カメラ上部のフラッシュ(スピードライト、ストロボ)を付けるシューに付けたものですが、今のカメラには付けるところが無いようなので、三脚のカメラを付けるところとカメラの間に挟むのが良いかもしれません。

ところで、どのくらいの範囲が撮れるか分かっていれば、おおよその見当でカメラを向けても撮せます。
上の図で言えば、角度Aと角度Bです。
これは計算すれば出るわけですが、結果だけ表にしておきます。

カメラレンズの焦点距離30mm50mm135mm300mm
角度A4427154.6
角度B6139186.7

表を見てわかる通り、カメラレンズの焦点距離が短い場合(50mm以下)は、目見当でも大丈夫です。
カメラが目的の星座に向いたら、ピント合わせですが、オートフォーカスカメラならマニュアルに切り替えて下さい。
切り替えられないカメラの場合は、遠景撮影モードにします。そのモードが無い場合はとりあえずそのまま撮ってみてください。
星は無限に遠いところにあると考えて良いので、ピント目盛りは無限遠(∽)に合わせます。
絞りは開放にして下さい。

自動的にフラッシュ(スピードライト)が光るカメラの場合は、フラッシュを切って下さい。
フラッシュを使っても、意味がありません。建物、立木、電線等に当たって、かえって悪い結果になります。

いよいよ、シャッターを切るわけですが、ここが一番の難関でしょう。
露出時間の目盛りを、T また B に合わせ、長時間露光ができるようにセットします。
リモコンで、シャッターの開閉ができるカメラなら、1分から10分程度シャッターを開けておき、その間は静かに見守っているだけです。
しかし、シャッターは何分でも開けられるカメラでも、レリーズがなく、リモコンも使えない場合は一苦労です。

まず、黒い厚紙を用意して、片手で黒い紙でカメラレンズの前に当ててふさぎます。
次に、もう一方の手で、そっとシャッターボタンを押し押し続け、気持ちが安定したら、黒い紙をレンズ前からそっとずらします。
そして、数十秒間(時には数分)じっと静かに耐えます。
シャッターを閉じる時間が来たら、開ける時と逆のことをします。
つまり、カメラレンズの前に黒い紙で静かに持っていき、レンズがふさがったら、シャッターボタンから手を離します。

デジタルカメラ全盛で、昔からある銀塩フィルム・カメラを使うことは無いと思いますが、銀塩フィルムに撮った場合は現像に出すと、点や線しかうつっていないので失敗と思われることもあります。
現像、プリントを店でやってくれるところなら、星を撮ったと言って頼めば良いでしょうが、取り次ぎしかしないところではちょっと問題がありそうです。
一番良いのは、写真好きな方がやっている街のカメラ屋さんに持って行って、星を撮ったことを説明して頼むことです。

デジタルカメラの場合でも撮影感度は銀塩フィルム相当の値が付いているので銀塩フィルムを使った撮影データは参考になり、ISO400以上にセットし、15秒程度シャッターを開けていれば、肉眼で見える以上の星が撮影できます。

(2)月を撮る⇒安物デジカメで撮った地球照⇒「月を写真に撮る」を参照

星座なんて見えないという都会の方でも、月は見えると思います。
でも、問題は、月の写真というと表面のクレーターを撮りたいという場合です。
これは、望遠鏡がないと不可能です。
月は、カメラレンズの焦点距離の110分の1程度にしかフィルム上にうつりません。
300mm望遠レンズを使っても、直径2.7mmです。
これをサービス判でプリントしても直径1センチの月です。
迫力がまったくありません。

地上の風景や周りの星を入れて、月の位置の記録ぐらいで我慢してください。
明るさは十分あるので、シャッター速度125分1秒でも写ります。
デジタルカメラの場合も同様です。

(3)惑星を撮る>⇒「木星を写真に撮る」参照


スポンサーリンク





プライバシーポリシー