気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 植物
蜜柑に生えたカビを見て

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

身近な自然と科学 Vol.58【蜜柑に生えたカビを見て】

箱売りを買う大好き人間の頭を悩ますのは、1箱百個弱からの百数十個のミカンの中には、カビが生えて傷んだみかんが数個は含まれていることです。
購入当初カビが生えていなくても1週間も経てばカビが発生し、困ったことには他のミカンにも急速に移ります。
私の失敗談ですが、過日、某スーパーの開店売り出しで買ったみかん1箱に10個以上もカビが生えたミカンが入っていたばかりか、次から次へとカビが移ってしまい、カビと競争してミカンを食べる羽目に陥ってしまいました。
このスーパーは箱に詰めたまま長期間売れなかった物を安く買ってきたに違いありません。
ミカンを贈答品にする場合、特に早生種は気を付けた方が良いです。
箱売りを買った者、もらった者の心得として、直ぐに全てのミカンのカビの有無を検査し、カビの兆候の出ているものは捨て、出来れば箱を取り替えて詰め直し、日に一度はカビの有無を確かめることです。

ミカン好きならご存知な話はこの辺にして、本題に入ります。
カビと言えば、梅雨期から夏、高温多湿と思うのですが、ミカンに生えるカビは、低温で乾燥している冬場にも成長し、子孫を増やしています。
そして、そばに置いたリンゴやバナナなどに移ったのを見たことがありません。
この事からミカンに生えるカビは特異だと推測できます。

さて、“カビ”は大きく2つのグループに分けられます。
腐っている物に生えるもの。
生きている物に生えるもの。

腐っている物に生えるカビは、有機物さえ有れば良いので何処にでも生えます。自然界の掃除屋と言えます。
一方、生きている物に生えるカビの場合は、生物界の掟が当てはまります。
すなわち、食うか食われるか、共存共栄か、或いは無関心かです。

ミカンとカビの場合、ミカンとカビは双方とも生きているのでこの範疇に入り、ミカンはカビに食われています。
実は、ミカンに生えるカビは、ミカンやグレープフルーツ、レモンなどの柑橘類向きに特化されたもので、最初に、緑カビ(=俗称、学名ペニシリュウム・デイギタアタム)が生え、その後、ブルーの胞子を付けるペニシリュウム・イタリシウム、というカビが生えてきます。
この2つのカビは、柑橘類に含まれているプロリンというアミノ酸によって発芽促進作用を起こす種類です。
温州ミカンの果皮には、このプロリンが0.3%ほど含まれています。
グレープフルーツにはプロリンは少ないのですが、同様な発芽促進作用のあるアスパラギンが含まれているために同種のカビが生え、輸送期間が長い輸入柑橘類には、ジフェニルなどの薬剤が防カビを目的に使用されています。

ミカンと緑カビのように敵対関係にある場合、カビに取り付かれる生物は黙っている訳ではありません。
ミカン(果実)の場合も皮に油性分を含むなどして、カビは寄せ付けない仕組みを持って居る考えられます。
緑カビの場合は、ミカン自身が生成するプロリンを逆に活用して、ミカンの防御システムを打ち破るという仕組みを勝ち得たということです。

また、緑カビの被害が早生種に多いという事実から、自然界では育ち難い品種を人工的に作り上げたしっぺ返しとも言えます。
この事はあらゆる農作物に当てはまります。
私が子供の頃には考えられなかった、サラダ用のほうれん草、甘いトマトやニンジンなど、甘さを求める消費者に合わせて、植物本来の苦み(灰汁)を軽減する品種を作り上げた結果、より多くの病害虫を寄せ付け、農薬量が増えています。
鑑賞用のバラもノイバラから品種改良され、今では農薬が無ければ枯死するまでに耐病耐虫性が弱くなっています。

ここで、自然界に生きる植物のカビ対策を考えてみましょう。
カビは胞子が空気中に飛散することによって子孫を遠くに移します。
昔、パンを作る時に使った酵母菌を空気中から採取した事実から推察されるように、空気中にはありとあらゆるカビ胞子が浮遊しています。
植物側の外面的な防御策は、胞子を付着させないことです。
その為に、椿のように葉の表面をツルツルにコーティングする。
枇杷のように葉に細かい毛を生やす。
などが考えられます。

問題は、葉の裏にある“気孔”です。
気孔は、光合成に必要な炭酸ガスの吸収、水の蒸散を受け持つなど、生死に関わる重要な器官ですが、梅雨時には気孔が開いている時間が長いので弱点になります。

内側からの防御策としては、カビの嫌いな成分を分泌します。
多くの植物はこの方法を採っていると考えられますが、カビの中にはその分泌物を好むように進化しているものがあるので万能ではありません。
各々の固体の生命力の差も影響するので、食うか食われるか、カビと植物体の
生存をかけた戦いがここにも有る訳です。

もっと過激な防御策があります。
『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあり』という格言の実行です。
カビ胞子に付着されたら、カビの胞子が休眠から醒め発芽状態になった直後にその付近の細胞は植物体を守るためにするのです。
カビのグループ分のところで書いたように、生きている生命体でなければ生きられないカビがあり、植物に取り付くのはこのグループなので死んでしまえばカビも死滅します。
これを『過敏感反応死』と言います。

最後に、生きている植物に取り付くカビが生き続ける為には、植物も生きている事が不可欠な条件であることは言うまでもありません。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー