気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 植物
なぜ、在来種タンポポは激減したか?

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

「身近な自然と科学 Vol.2」より

さて、春真っ盛りのこの時季、皆さんの周りにもタンポポの黄色い頭花が目に付くと思います。
そこで、今回の話題は『なぜ、在来種タンポポは激減したか?』です。
皆さんが目にしているタンポポの殆どは、外来種である“セイヨウタンポポ”だと思います。
日本に生えているタンポポの仲間は、一般的な区分では10数種ですが、 幾つかの例外を除いて種類を特定するのは極めて困難です。
しかし、黄色い花を咲かせるタンポポでは、 在来種(注1)と外来種(注2)を見分けるのはいとも簡単です。
頭花の裏にある総包片(注3)が反り返っているのが外来種です。
実際に調べてみると、身の周りに咲いている外来種タンポポの多さに驚くと思 います。

在来種タンポポが外来種に変わって行く様を“タンポポ戦争”と表した時代がありました。
どのくらい前なのか私の記憶には無いのですが、少なくても14,5年以上前だと思います。
現在書店にある一般向け本の中にもこの造語が見られ、「在来種タンポポはセイヨウタンポポに駆逐された」という記述まであるものもあります。
侵入者が土着民を追い出すように、外来種タンポポが在来種を追い出したのでしょうか?

植物が他の植物を駆逐する場合は、“生育環境の破壊”が考えられます。
例えば、草原に大きな樹木の芽がたくさん出た場合などは、その木たちが周りの草より大きくなるに連れて日光を遮り、草の光合成を阻害し、やがて草は枯れしまいます。
在来種外来種問わず、タンポポの茎は頭花を付ける茎だけで、葉は地面に広がっています(注4)
如何に外来種でも他種の光合成を邪魔する力があるとは考え難いですし、在来種は、春、花を咲かせた後は他の植物に埋没して休眠状態に入ってしまうので太陽光は必要ありません。
夏場でも太陽光が必要なのは外来種の方です。
ちょっと突飛に、外来種が在来種の育成を阻害する物質を出しているという考えも有り得ますが、神様の悪戯説のように都合良すぎるものです。

私はここ2ヶ月ぐらい在来種である“カントウタンポポ”を探して歩き回っています。黄色い頭花を見つける度にその裏を見ます。
総包片が反り返っていたら溜め息です。
田園地帯でも溜め息の連続だったのですが、無住の神社の境内と幅2〜3メートルほどの用水路の縁で在来種である“エゾタンポポ”が群生しているのを見つけました。
どちらも、その周囲はセイヨウタンポポです。
これをもっても、在来種の育成を阻害する物質を出しているという説は棄てられると思います。

珍説はともかく、エゾタンポポが群生しているのだからカントウタンポポも生えているのに違いないと確信しましたが、未だにカントウタンポポは見つかりません。
ですが、不思議な事に、同じ在来種である“シロバナタンポポ(注5)”は大通りの街路樹の植込み、田畑の畦、空き地等に点在して咲いていました。

在来種であるエゾタンポポとシロバナタンポポが見られることから考えて、在来種タンポポ激減の理由は、外来種タンポポの侵入に因るのではなく、在来種タンポポが持つ性質に因るのではないかと推測されます。

ここで、小中学生の勉強のつもりで調べてみました。
在来種・・・春に花を咲かせ、他の株の花粉を して種子を結ぶ(注6)種子は、秋と春に発芽する。
外来種・・・厳寒期以外は年中花を咲かせ、自分自身だけで種子を結ぶことができ(注7)
一定以上の温度があれば発芽する
エゾタンポポ・・・カントウタンポポより涼しい場所を好む。
一部のグループは、自分自身だけで種子を結ぶことが出来る。
シロバナタンポポ・・・白い花を咲かせる唯一のタンポポで自分自身だけで種子を結ぶことが出来る。

調べてなるほどと思いました。
私が見つけることの出来た“エゾタンポポ”と“シロバナタンポポ”は他の在来種と違って、他の株が無くても種子を作ることが出来たのです。
この性質は外来種にも共通でした。

タンポポが私たちの周りで生き延びていくには、仲間を必要としないで種子を作れ、出来れば時季に関係なく種子を作り、発芽できることが条件だったのです。
私たちは、在来種の開花結実・発芽に重要な春秋に、機械を使った大規模な工事や耕作で土を踏みつけて個体数を減らしていたのです。
結果、在来種(シロバナとエゾタンポポの一部以外)は種子を結実させることも出来難くなった上、春秋に発芽できる安住の地も奪われてしまったのです。
辛うじてシロバナタンポポとエゾタンポポの一部が種子を結実し、 春秋に土を掘り起こされない地で花を咲かせていたのです。

まとめ・・・・
“タンポポ戦争”は存在せず、外来種タンポポが我が国に入って来なくても、 心無い私たちの仕業によって在来種は追いつめられてしまっていた。

注1:エゾタンポポ、カントウタンポポ、トウカイタンポポ、シロバナタンポポ、カンサイタンポポ等
注2:セイヨウタンポポ、アカミタンポポ等
注4:ロゼット


スポンサーリンク


プライバシーポリシー