気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 植物
植物の色(1)

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

酸性やアルカリ性を調べるにはリトマス試験紙がありますね。
ちょっと大きな薬局で数百円で買えるものですから、私たちでも便利に使えます。

リトマス試験紙は、リトマス苔という苔の色素を紙に染み込ませたものですから、身近にある植物の色素でも使えるものがあるかも知れません。
良く知られているのは、アサガオの花の絞り汁ですが、その他にもムラサキキャベツ、 パンジー、 ツツジ、 ベゴニア、ゼラニウム、 などの草花の花、変わったところでは黒豆を水に浸して出た色素やカレーの黄色の因であるターメリックなど。

植物の色素で水に溶けるものは、アントシアンと呼ばれる色素で、酸性アルカリ性で色を変えます。
リトマス試験紙に使われている色素もアントシアンです。

アントシアン色素は、花などを潰して水に浸ければとれますが、水の代わりにアルコール(消毒用)を使えば長い期間使えます。
色素にはアントシアンの他、カロチノイド(脂溶性:人参など)、フラボノイド(水溶性)があります。
カロチノイドは酸アルカリを知るには使えず、フラボノイドは反応が鈍いものです。

色々な植物からとった色素が酸やアルカリで、どのように変化するか調べてみてください。
酸は食酢(酢酸)やクエン酸、アルカリは重曹(炭酸水素ナトリウム)が便利に使えます。

反応が鋭くて、紙に染み込ませても長い期間を使えるものが見付けたり、或いは使えるように工夫するもの面白いですね


スポンサーリンク


プライバシーポリシー