気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 簡単工作
水時計

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

水時計は水の入った器から水を流し、その水の量で時間を計るものです。
日本では「漏刻(ろうこく)」とも呼ばれ、天智天皇によってつくられたと伝えられています。

水時計の重要な点は、水が流れ出る量を常に一定にすることなのですが、これが意外に難しいのです。

紹介するものは、天智天皇のものとは違う方式です。
水の出る量が一定になる理屈はこちら→

容器Aに蓋をして、パイプを通してだけ空気が入るようにしたところが重要です。
容器A,容器Bは工作用に売られている太いアクリルパイプやアクリル板で作れば簡単で見栄えもいいですが、容器Aはペットボトル、細いパイプは観賞魚を買うときに空気ポンプに接続するビニールパイプなど、色々、試してみてください。
但し、時間を目盛る容器は断面積が一定でないと、水の量と高さが比例しないので目盛りが不均一になってしまうので気をつけましょう。
残った水で測るなら容器A、出た水の量で測るなら容器Bに時間目盛りを刻みます。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー