気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 気象
露点の測り方

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

「露点」とは空気中に含まれている水蒸気が液体になる温度です。

こんなの何の意味があるか?
と言うと、温度計と氷を用意するだけで湿度が測れます。
自作した湿度計に目盛りを付けるときや湿度計の目盛りが合っているか確かめられます。
それと、住宅のカビの原因になる「結露」がどうやって発生するかの実験。
今はこれ以上思いつきませんが・・・

先ず、露点を求めます。

用意するもの

  • ガラスコップ(出来れば透明なもの)
  • 温度計(水温が計れるもの)、寒暖計
    実験に使う棒状温度計2本でよいが出来るだけ誤差の無いもの
  • コップ(使う水を入れておくだけなので何でもよい)

手順

  1. 水を入れたガラスコップに氷を入れ、コップの表面が水滴で曇るようにする。(水温を下げる)
  2. 1のコップの曇りが消えるまで水を入れる。(水温を上げる)
  3. 曇りが消えたときの水温を測る。このときの温度が露点。
    このとき、気温も測っておく。


次に下の計算式で 気温と露点での飽和水蒸気圧Pを計算します。
P=610.7+47.05t+0.958×t×t+0.05035×t×t×t
但し、Pの単位はパスカル、t は摂氏での温度

例えば、気温30度、 露点20度の場合は
気温での飽和水蒸気圧P0は
P0=610.7+47.05×30+0.953×30×30+0.05035×30×30×30
=4243.85
同様に露点での飽和水蒸気圧P1は
P1=1701.93125

この時点の空気中の水蒸気圧は露点での飽和水蒸気圧に等しいので
求める湿度は P1÷P0×100 で 約40%

自作した湿度計に目盛りをつけるときは、湿度が違っていそうな日時に上記の実験計測を繰り返して目盛りを刻んでいきます。
実際に測って求めた湿度と刻んだ目盛りの間に規則性がありそうなときは、実際に求めて刻んだ目盛りの間はその規則性で目盛っていきます。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー