気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 気象

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

NHKテレビ・首都圏ネットワーク(2000/08/22)の中で、「ひらいの自由研究」というちょっとしたコーナーがありました。
観ていなかった人もいたと思うので、補足を加えて書いておきます。

まず、雲の出来る仕組みから、下の図のような装置を作ります。

フラスコ内 A と、注射器内 B の空間は、ゴム管でつながっていますが、周りの空気とはつながっていません。
最初、注射器は最後まで押した状態にしておきます。
注射をするなら、薬を身体に入れる方向です。
フラスコ内 A には、湿った空気と線香の煙を少し入れておきます。
このとき、フラスコ内 A は、私たちが住んでいる地上と同じです。
次に、注射器を赤い矢印方向に引きます。
すると、フラスコ内 A の気圧は低くなり、気温が下がります。

私の補足・・・注射器が引かれると、注射器内の空間 B が広くなります。
最初に、フラスコ内 A と注射器内の空間 B はゴム管を通してつながっていると説明しました。
ということは、空間 A は、拡がったということですね。
どういうことになるかというと、フラスコ内の分子の運動できる所が広くなったということですから、分子同士のぶつかり合いが減り、熱が出にくくなるということです。・・・補足終わり

気温が下がると、フラスコ内 A の水蒸気は水になろうとしますが、このとき、線香の煙の小さな粒があるために、より簡単に水滴になり空中をただよって雲になります。
テレビの画面では、見事に雲になりました。

私の補足・・・気温が低くなると、なぜ水蒸気が水になろうとするかですが、気温が低いと、空気中に含ませておける水蒸気量が少なくなるからです。
これは、お湯には砂糖はたくさん溶けるが、これを冷やすと砂糖の結晶が沈んでくるのと同じです。
冬、乾燥するのも気温が低いためです。・・・・補足終わり

番組は、自由研究として、雲の写真を撮ったり、雲の流れる方向を観察することで終わりました


スポンサーリンク


プライバシーポリシー