気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 化学
錆とは

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

鉄がさびると普通は赤くなり、磁石にもつかなくなります。
(さびると酸化されますが、酸化された物質全てが磁石につかなくなる訳ではありません)

銅がさびると緑色になります。
アルミニウムがさびると白くなります。

さびるとは、空気中の酸素と化合(この場合は酸素が金属が結びつく)した結果です。
研究のテーマは?

  1. 金属ごとに、さびの色などを調べる。
    同じ金属でも さび方により色(さびの種類)が違うので注意
    たとえば、しめっぽい所に置いた鉄には赤茶のさびがつくけれど、熱してから油に入れて出来たさびは黒い
     
  2. さびないようにするにはどうしたら良いか。
    鉄などは、色々なところに使われています。
    建物、船等は、どうやってさびないようにしているか。
    さびるという現象の意味から考えてください。
     
  3. 鉄やアルミニウムは、どうやって作られているか。
    鉄やアルミニウムだけではないですが、金属の原料(鉱石=こうせき)は、空気中、 あるいは酸素を含むところに長い年月あるか、その鉱石ができるときに酸素の影響を受けているのが普通です。
    ということは、鉄やアルミニウムは初めはさびているとも考えられます。
    さびるのとは反対の事をしています。
    昔、鉄を作る方法に、「たたら」というのがありました。
     
  4. 普通、さびというのは悪いことですが、さびを使っていることがあります。
    1で色々なさびを調べてみると、きれいなさびを見つけることができます。
    でも、鉄にできる赤いさびのように、放っておくと、鉄をぼろぼろにしてしまうさびは使えません。
    さびを利用できる条件(じょうけん)で一番大事なものは、さびによって金属が丈夫になることです。

スポンサーリンク


プライバシーポリシー