気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 
妊娠と血液型

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

身近な自然と科学 Vol.30より

血液型には、良く知られている“ABO式”と“Rh式”の他にも150種ほどあり、そのそれぞれに亜型があるということなので厳密には数え切れないほどあるようですが、今回は“ABO式”と“Rh式”を取り上げます。

“ABO式”は赤血球(注1)の型に着目した分類です。
1901年ランドシュタイナー(オーストリア)が発見した型です。
この判定方法は2通りの方法で行います。
先ず、正規検査法(表判定)は、調べる赤血球に、
“抗A血清(B型の人の血清)”と“抗B血清(A型の人の血清)”を混ぜます。
抗A血清で反応すれば、 A型
抗B血清で反応すれば、 B型
抗A血清と抗B血清の両方に反応すれば、AB型
抗A血清と抗B血清の両方に反応しなければ、O型
ということになります。

次に、逆検査(裏判定)を行います。
これは、血しょう(注2)成分で検査するものです。
正規検査と逆検査の結果が一致して、正しい血液型が判ります。
正規検査と逆検査の結果が一致しない場合は、亜型となります。

父親と母親の間に出来る子供の血液型は、表形式になって記載されていることが多いですが、

  1. 血液型は2つに分解出来る
  2. O型は劣勢である。
    (性能が劣っているという意味ではありません。他の型と混ざると表に出ないという意味です)

の2点を憶えておけば表に頼る必要はありません。

A型は、A・AかA・Oに分解でき
B型は、B・BかB・Oに
AB型は、A・Bに
O型は、O・Oに分解できます。

例えば・・・
A型とB型の男女の間に生まれた子供の血液型は
(A・AかA・O)×(B・BかB・O)の組み合わせになり、
同じ組み合わせを消して整理すると、A・B、A・O、B・O、O・Oが残ります。
O型は劣勢なので、A・OはA型に、B・OはB型になります。
結局、AB、A、B、O型の子供が生まれる可能性があります。
これは、メンデルの法則そのままです。
ちなみに日本人の血液型別の割合は、A型40%、B型20%、AB型10%、O型30%ぐらいです。

さて、本題の妊娠と血液型です。
妊娠は、生命体(胎児)が別の生命体(母親)と繋がっているというある意味、奇妙な関係です。
ご存知の通り、違う型の血液を輸血すると最悪死に至ります。
これと同じように、胎児の血液と母親の血液が反応する血液型関係だった場合は問題が起きる訳です。
実際は、母親と胎児を繋ぐ部分に必要な物しか通過させない関門があるのでトラブルは起きませんが、希に『血液型不適合妊娠』というものが発生します。
理論上の可能性として、輸血できない関係の血液型を胎児に持つと、この症状が出る訳です。
絶対に起きない母親の血液型は“AB型”です。
“AB型”は、胎児に流れやすい血しょう成分の反応が低いのです。
可能性が高いのは、O型の母親とA型の父親の間に生まれた胎児の場合です。
どちらにしても、希なケースで、予防法・治療法があります。

この問題は、『Rh式血液型』にも見られます。
Rh式血液型は、1940年前述のランドシュタイナーとウィナーが発見しました。
この型の判定は、D、C、c、E、eの5つの因子を持って居るかで行いますが、普通は輸血に最も影響のあるD因子のみで判定します。
このD因子を持って居るものは、Rhプラス(殆どの日本人)持って居ないのものは、Rhマイナス(200人に1人)と言います。

輸血の場合、Rhプラスの人には、プラスでもマイナスでも支障なく輸血できます。
問題は、Rhマイナスの人で、1回目の輸血はプラス血液でも大丈夫なのですが、2度目にプラス血液を輸血した時に問題がおきます。

ここで、「輸血なんて、一生に1度あるか無いかでしょう」と声が聞こえてきそうですが、
ここに女性特有の悩みがあるのです。
ABO式血液型の『血液型不適合妊娠』の場合でも当てはまることなのですが、
“妊娠”=“輸血”なのです。
自分と違う血液型の胎児と繋がって居れば“抗体(注3)”が出来てしまい輸血を受けたのと同じになってしまいます。

しかし、不適合妊娠を予防する薬があるので諦めないでくださいね。

注1:赤血球
血液中にあって、ヘモグロビン(鉄と淡白質が結合したもの)を持って酸素や二酸化炭素を運ぶ赤いもの
注2:血しょう
血液の液状成分
注3:抗体
生体が抗原の侵入に反対して体内に形成する物質


スポンサーリンク


プライバシーポリシー