気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

自由研究  ⇒ 

病院や眼鏡店に行かずに自分に合ったメガネを作ってみる

インターネットで近視用メガネが買えるのを知り、試しに買ってみました。
先ず、自分の眼の状態を確認することから始めます。
左図を右目だけで見てください。

濃く見える線と薄く見える線がありますか?
全て同じ濃さに見えなければ、右目が乱視です。
左図を左目だけで見てください。
濃く見える線と薄く見える線がありますか?
全て同じ濃さに見えなければ、左目が乱視です。
通常、軽い乱視があっても乱視用レンズにしないので、多少濃く見える薄く見える線があっても無視することにします。
(乱視の度が0.25や0.5程度では乱視用のレンズにしないことが多いそうです)
⇒乱視用レンズについて

次にメガネの度を決めます。
メガネ用のレンズの度は、
焦点距離の逆数をD(ディオプター)という単位で表します。
焦点距離1mなら 1÷1=1 で 1D
焦点距離50cmなら 1÷0.5=2 で 2D です。
そして、凸レンズ(遠視、老眼用)なら 数値の前に+
凹レンズ(近視用)なら 数値の前に −記号を付けます。

距離が測れる物差しか巻尺と白地に小さな文字がはっきり印刷された紙、眼を覆う物(文庫本など)を用意してください。

メガネまたはコンタクトを付けている方は外してください。
(コンタクトの場合は外してから数時間以上経ってからの方が正確に作れます)

左目を閉じないで、左目を文庫本などで覆い、右目だけで小さな文字が印刷された紙をの文字を見ます。
次にこの文字がはっきり見えなくなるまで紙を遠ざけます。
そして、右目からはっきり見えなくなるまでの距離を物差しで測ってください。

左目についても右目と同じようにして目からはっきり見えなくなるまでの距離を測ります。

近視用のメガネの度は、眼から紙に印刷された文字がはっきり見なくなる直前までの距離をメートルで表した
逆数にマイナスを付けたものになります。
例えば、眼か2mまでが見えるなら、−1÷2= −0.5
なので−0.5D

眼から1mまで見えるなら、−1÷1= −1 
なので −1D

眼から50cmまで見えるなら、 −1÷0.5= −2 
なので −2D

眼から20cmまで見えるなら、 −1÷0.2= −10 
なので −1D
となります。

こうなる理由は・・・
例えば目の前50cmより遠くがはっきり見えない人が遠くを見るためには、遠くのものの像を50cmの距離に作ってしまえばよい訳です。
この位置に像(虚像ですが)を作る凹レンズの焦点距離が−50cm(−2D)となります。

レンズの度数が判ったら、PD(瞳孔間距離=左眼の瞳の中心から右目の瞳の中心までの距離)の計測です。
物差しで家族や友達に測ってもらってもいいのですが、下の写真のように眼の位置に物差しを当ててデジタルカメラで顔写真を撮り、ディスプレイ上で目盛りを読む方法が簡単です。

なお、PDは近くを見るときには若干狭くなる(2mmぐらい)ので測るときは遠くを見た状態の距離を測りましょう。

これで通販で近視用メガネが作れるのですが、注意することがあります。
50cmより遠くがはっきり見えない人は −2Dのレンズで良いと書きましたが、これは眼とメガネレンズが密着しているときの話で、メガネのように眼から離れている場合はもう少しDが強くないと計算どおりにはなりません。
(コンタクトレンズの方がメガネより強度近視の方でも視力が出るのは角膜とコンタクトレンズが密着しているためにメガネよりDが小さいもので間に合うからです)

しかし、実際は、度がきつすぎるメガネは疲れるので、特に通販の場合は見え具合が確認できないので弱めに作り、Dが小さくて遠くが見えづらかったら比較的近距離しか見ない室内用にする方が失敗しても無駄になりません。
この記事は実験ですので、眼に合ったメガネを間違いなく作りたい方は、眼科の処方箋で注文してください。
合わないメガネになってしまっても責任は負いません。


スポンサーリンク





プライバシーポリシー