気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 動物・昆虫
初心者用観賞魚と水草の備忘録

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

アナカリス、カバンバ、マツモの栽培難易度
マツモは、週に何度も水換えをする水槽でよく育つ。水換えをしないと育ちが悪く、放置すると全滅する。
アナカリスは、マツモに比べると育ちは悪いが、メダカが死んでしまうような水質でも全滅することは無い。
カバンバは意外に気難しい。
水草には苔が付くので魚の飼育以上に面倒。

アカヒレ、メダカ、グッピーの飼育難易度
病気を持っていないという前提で一番強いのはグッピーの雌
水量が30リットル程度あれば、夏の炎天下かつ水替えをしなくてもかなりの数がひと夏生き残るが、雄は全滅に近くなる。
水質悪化に強いのはアカヒレとグッピー(雌)
グッピーの雌はホテイアオイが枯れるような水質でも生き残る。
メダカは高温低温には強いが、水質の悪化にはグッピーやアカヒレほど強くない。


熱帯魚の中で飼育が最も易しいのはグッピー。
しかし、健康な個体(魚)を入手した場合は直ぐに殖えるので気が優しい人には不向き。
というのも、購入した親魚の様に綺麗な仔魚が殖えるとは限らず、奇形魚も直ぐに出現するから。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー