気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 動物・昆虫
魚の眼が飛び出している理由

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

魚の眼と言っても、皮膚に出来るものでは無く、川や湖沼、海に生息する「さかな」が外界を見る目です。
魚の眼も人間の眼と同じように水晶体がレンズになって網膜に像を結びますが、困ったことに、眼の角膜や水晶体を作っている組織の屈折率が外界の真水や海水よりほんの少ししか大きくないと言うことです。
ということは、水中から眼に入った光は角膜や水晶体に入射したときに大きく屈折
しないということです。
人間の水晶体と同じ曲率(曲がりの程度)を持った水晶体では網膜より遠い点に焦点を結んでしまいます。
遠視状態でぼやけて見えます。
それでは眼の奥行きが大きくなりすぎるので水晶体の曲率を大きくしますが、魚の場合にはほぼ球状の水晶体になっています。

イメージとしては、左が人間の水晶体の断面、右が魚の水晶体の断面。

同じ理屈で、人間が水中眼鏡をつけないで水に潜ると、像が網膜より後方に出来るために遠視の方が見るように見えます。
近視の方はその程度によりますが屈折率が弱まるのでよく見える場合もあります。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー