気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

自由研究  ⇒ 電気

電気の流れをじゃまする物

私たちの周りのは、電気が流れる物(導体)と流れない物(絶縁体)、その中間の物(半導体)があります。
電気が流れるというのは、電子が流れるということですから、言い方を変えれば、導体は、電子が動きやすい物
絶縁体は、電子が動けない物
半導体は、これらの中間ということになります。

電子の流れ具合を決める物は、自由に動ける電子(自由電子)の量、自由電子の熱運動、原子の結合具合などです。

一般的に、温度が高くなると熱エネルギーによって原子の運動が活発になって負の電荷を持った電子を引き付けるために電子は流れ難くなります。
整然と並んだ人の列の間を通り抜けるのは簡単ですが、お祭りの見物人たちのように並んでいなかったり、あちらこちらに動いたりする人たちの間を通り抜けるのは大変なのに似ています。
(ところが、半導体は温度が上がると逆に流れやすくなります)

また、断面積(銅線などなら太さ)が大きいほど流れやすくなります。
これも私たち人間と同じで狭い道より広い道の方が通り易いのです。

電子の流れ具合を調整するための物を抵抗と言います。
私たちの身の回りの電気製品・・・・・
例えば、テレビ、ラジオ、電話、パソコンなどには、この抵抗がたくさん使われています。
電気を使うもので、抵抗を使っていないものは、ないというくらいのもてかたです。
簡単に電気抵抗を測定するには、テスター(回路計)を使います。


スポンサーリンク





プライバシーポリシー