気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 自由研究の手引き ⇒ 電気
三相交流の電力

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

三相交流にすると、交流発電機3台が起電する電力を電線3本で送れますが、
測れるのは3本の線の間の電圧と電流だけです。
そのため、実用上の三相3線式の電力は線間電圧×電流×(3の平方根)で表されます。

(3の平方根)? と思われた方に説明します。
三相3線送電線の結線方法には、下図のように三角形と星形があります。

三角形結線では隣の発電機の出力と電圧が重なっています。
星形結線では隣の発電機の出力と電流が重なっています。

下図をご覧ください。
三角型結線の出力を赤い矢印(ベクトル)で表しています。
この場合は、矢印の長さが電圧、向きが位相を表しています。

線間電圧もベクトルで表されますが、位相を考えないので大きさだけを考えると、上図のとおり、一相の電圧を2辺として挟角120度の二等辺三角形の対辺の長さとなります。

星形結線にしたときには、電流が一相の電流を2辺として、挟角120度の二等辺三角形の対辺の長さとなるので、三相三式の実用電力式は三角形星形とも同じになります。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー