気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

自由研究  ⇒ 電気

電波とはなにか

テレビやラジオ、スマートフォン、携帯電話など電波を使っているものばかりの世の中ですね。
でも、電波と何でしょう?
電波とは正確には“電磁波”といいます。
電磁波の正体の説明の前に憶えておいて欲しいことが3点あります。
1点目は、電圧が掛かっている空間には電気の力が働いている。
2点目は、電気が流れるとその周りには磁気の力が働く。
3点目は、磁気は変化すると電気が起きる。

説明図
上の図1のように2枚の向かい合った電極に電池を繋いだと想像してみてください。
2枚の電極の間には空気しかありません。
電極の間は空気なので電流は流れませんが、電気の力(電界)が及んでいます。
仮に、電極間にプラスの電気を持った物を置いたとすると、その物は図1では上の電極方向に引っ張られます。
マイナスの電気を持った物を置いたなら、図1では下の電極方向に引っ張れます。

(図1と図2では電流と磁場が書き込まれていますが、直流の電池を繋いだ状態では電流と磁場は生まれませんの無視してください)

次に図2のように電池の向きを変えてみます、プラスマイナスを変える訳です。
向きが変わるだけで図1と同じ説明になります。

問題は2枚の電極に繋ぐ電池の向きを変え続けたらどうなるかです。
図1と図2の状態が繰り返される訳です。
この場合は、電池から電気が流れ出るという不思議な事が起きます。
電極と電池の間に電流計を繋ぐと針が振れるのです。
そして、2枚の電極の間には磁力が働いている場(磁場)が生まれます。

この不思議な現象は、マクスウェル(1831-1879)の電磁理論によって数学的に説明され、2枚の電極間を流れる電流を変位電流と呼びます。
電流が流れるとその周りには磁場が出来ます。
この電流は向きが変化するのですからこの電流によって作られる磁場の向きも変化します。
磁場が変化すると電気が生まれ、この電気も向きが変化しているので磁場を生みます。
この繰り返しで電波は遠くに伝わって行くのです。

ところで、電磁波はマクスウェルよってその存在を予言され、ヘルツ(1857-1894)によって実験的に確かめられました。


スポンサーリンク






スポンサーリンク



プライバシーポリシー