気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム  ⇒ 物理
マリオットの器

ホームページ(URL)を
http://luminaries.life.coocan.jp
に変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

浴槽や洗濯機から水を抜くとき、始は早く水位が下がるのですが、徐々に水位の下がり方が遅くなるのに苛立った経験がおありでしょうか。
これは、始めは水の量が多いために水が出る孔より上の水圧が高いからです。

ガリレオの弟子のトリチェリは、上の式で水が出る速度が求められることを導きました。
g は重力加速度です。

水が出る速度を一定にしたものに、マリオットの器があります。
マリオット(1620-1684?)はフランスの物理学者です。


水が流れ出ると、容器内の圧力が下がってパイプから外の空気が入り、水の中をブクブクと通ってAに入り、水の重量とつり合う位置で止まります。
パイプは外部と繋がっているので、その先端Cの位置での圧力は大気圧と同じです。
このため、出口から水を出す圧力は、Bの高さ分になりますが、パイプの先端Cの位置より水位が下がらない限りBの高さは変わらないので、ここまでは一定の速度で流れ出ます。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー