気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

自由研究  ⇒ 物理

サウナ風呂

サウナ風呂は気温を100度近くまで上げた浴室に入って汗を出すというものです。
気温が100度近くあっても火傷しないのか?
と疑問が湧いてきますが、健康な人が5分間程度なら耐えられます。
耐えられる理由は肌から噴出した汗が気化するときに熱を奪い皮膚温を下げるからです。
ですから、金属で出来た時計や装飾品などは汗を掻きませんから温度が上がっていて高温になります。
水の気化熱は凄い力があるものだと思います。
amazon.co.jp⇒家庭用サウナ

次の疑問は、サウナ風呂に複数人で入っていると皆発汗して浴室内の湿度が高くなってしまい、汗が気化し難くなるのでは無いか?
フィンランド式サウナ風呂では浴室内で焼けた石に時折水をかけて蒸気を発生させるのでますます湿度が高くなり気化し難くなるのでは無いか?
ということ。

湿度は非常に高くなりますが、気温が高いので空気はそれ以上に水蒸気を含むことが出来るようになっているのです。
湿度には「絶対湿度」と「相対湿度」があります。
絶対湿度は体積1立方メートルの空気が含んでいる水蒸気量をグラムで表したもので実際に含まれている水の量です。
一方、相対湿度言うのは空気が含むことが出来る飽和水蒸気量の内、実際に含まれている水蒸気量の割合を示したものです。
私たちが「湿度○○%」と言うときの湿度が相対湿度になります。
この割合が低いほど、水は気化しやすくなります。

サウナ風呂の浴室内の場合は絶対湿度が高いが、気温が高いのでまだまだ水蒸気を含むことが出来るので相対湿度が低く、汗を掻いてもどんどん気化して皮膚温を下げてくれるということになります。


スポンサーリンク






スポンサーリンク



プライバシーポリシー