気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム占い系メルマガに書いた記事

三途の川、百か日、1周忌、三回忌、八斎戒

2002/12/29
或る本に「
三途の川」についての記述がありました。
河幅576キロ、橋渡し、浅瀬、深瀬の3つの渡しがあるので、三途の川と呼ばれる。
室町時代に橋渡しが「渡し舟」に変わり、その舟賃が6文とされた。
三途の川の河原が「賽の河原」である。

576キロもある河を6文で渡れるのですから安いです。
時代劇に出てくる「1両」は4000文です。
屋台のそばが16文ですから、今なら、そば1杯500円として6文は約187円。
貨幣換算は難しいですが、三途の川の舟賃はどう考えても1000円以下でしょう。

2002/12/30
百カ日」「1周忌」「3回忌」について
これらの法要は、仏教と道教が結びついたものらしいです。
道教は、無為自然を尊ぶ老壮の思想や陰陽五行説、中国の民間信仰を融合さて宗教としたもので、『10』という数は完全なものと考えます。
そのため、仏教と結びついた時に10の10倍である死後100日目に平等王による死者の審判が行われると考え、百カ日の法要を営みます。
死後1年を過ぎると、都市王による審判が行われるために1周忌の法要を営みます。
この時、阿弥陀仏を造ると成仏できるといわれ、「
八斎戒」といわれる戒めが説かれています。
八斎戒とは、生物を殺さない、盗まない、?、嘘を吐かない、飲酒しない、身を飾らず化粧をしない、歌舞音曲を楽しまない、高いベッドに寝ない、午後は食事をしない

死後2年経つと、3回忌になるのは、仏教では、偶数が仏陀に背く数と考えられているので2は抜かれています。
死後2年では、五道転輪王の審判があり、この審判でも死者が生まれ変わる道が決まらない場合は地獄に行きとなります。
死者を地獄行きから救うには、死後2年内に1度は法要を営むことらしいです。


スポンサーリンク



プライバシーポリシー