気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム占い系メルマガに書いた記事

仏教における数“7”について

2002/12/24
仏教における数“7”について、
人が亡くなり、転生(次の世に生まれ変わる)する時には
天上、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄道の何れかになります。
何に生まれ変わるかは生前の行いによる訳で、亡くなってから審判が下り転生するまでの間を“中有”と言い、死者の魂は彷徨しています。
 
死者の旅は、鉄棒で打ちかかる冥界の獄卒牛頭馬頭(ごずめず)が居る険しい山を越えるところから始まります。
最初の審判は、秦広王の前で行われ、これが死後7日目になります。
その為に成仏できるように供養を営むのが「初7日」です。
ここで審判が下れば転生できますが、審判が下らない場合は、次に進みます。
決まるまで7日毎に審判が開かれるため、7日毎に法要をして魂を成仏させます。
そして、最後の審判が49日目です。

2002/12/26
さて、今日は占星術の起こりについて
紀元前626年バビロニア王国(カルデア王国)を作ったカルデア人は、
水星・金星・火星・木星・土星の不思議な動きに、それぞれの惑星には神が住んでいて、人間を支配すると考え、やがて惑星その物が神だと信じるようになりました。
そして、人間の運命は生まれた瞬間の、神である惑星の配置で決められると考えるようになり、「誕生占星術」を作り上げました。
誕生占星術は、ギリシャに伝わり、中世ヨーロッパには宗教色が加わり
「ホロスコープ占星術」となりました。
バビロニアというのは、チグリス・ユーフラテス川下流の最古の文明発祥地と謂われる所です。

2002/12/27
天秤座・・・・・
正義の女神アストレイアが手に持つ収穫の秤、古くは真理の女神マアトが、死者の魂の正邪をはかるために用いる「正義の秤」である。
罪人として罰せられる死者は孤独な墓(地獄)に追いやられ、善人や正しい人は永遠の生命をうける。
この「最後の審判」の思想はキリスト教のなかにもあり、世の終末にはキリストが死者を一堂に集めて善人と悪人を振るい分けるという。
支配星の金星は、金牛宮と同じく愛神アプロディテであるが、天秤宮では豊饒の女神としての性格は影をひそめて、美神としての性格が強く打ち出されている。


スポンサーリンク



プライバシーポリシー